いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

2020年アンカー:ANCHORオススメのバイク10選

RS6 TIAGRA MODEL

アンカーについて(メーカーHPより)

東京1964から東京2020へ走り続けるチームブリヂストンサイクリング

東京1964がすべての始まりだった

チームブリヂストンサイクリングの目の前には、東京2020が迫っている。国内屈指の選手を擁するチームにとって、オリンピック日本代表選手を輩出し、派遣することは名誉であるとともに、義務でもある。そして何より、東京2020は、チームにとって原点回帰でもある。チームブリヂストンサイクリングは1964年、東京でのオリンピックがなければ存在しなかったのだから。
1964年の東京オリンピック。わが国ではそれまでマイナースポーツだった自転車競技は、本場ヨーロッパの選手によるレースが紹介されたことで人気を博した。この情勢を受け、同年ブリヂストン自転車競技部が創部される。当時のオリンピック種目であったロードとトラックに積極的に取り組み、1968年までに日本最高峰の大会での優勝、世界大会への選手派遣を果たすまでになった。レースでの活躍が、観る者に夢を与え、またバイクの知名度を向上させるのは今も昔も変わらない。当時のブリヂストン製レースバイク「ダイヤモンド」はレースを志す多くのライダーに支持されたという。
1970年代半ばを過ぎると、日本の自転車競技人口はさらなる活況を呈し、激化する競争の中で成績を出すべく、自転車競技部はさらなる選手とチームの強化を図る。自転車競技の本場フランスからコーチを招聘し、それまでのトラック・ロードの二軸体制から、ロードレースを主戦場とする方向へと舵を切ったのだった。その成果は1985年ごろから現れ始め、鈴木光広、三谷寛志、藤田晃三らがオリンピックや世界大会のほか、本場ヨーロッパでの権威ある大会に出場を果たし、世界の舞台で戦う先駆者となった。折しも、1990年にロードレースの世界大会が日本の宇都宮で開催され、自転車競技熱が高まるばかりという機運であった。

アンカー①

どの種目でも勝つ、常勝チーム

時代の新しい風向きを感じ取ったブリヂストンサイクルは、1993年にマウンテンバイクのチームを立ち上げる。以来「新しい乗り物」であるマウンテンバイクは、チームの活躍と歩みを揃えるように進化を遂げていく。レースの度に、ライダーとバイクが進化していく黎明期、チームの果たした役割は小さくない。
1998年末、ブリヂストンサイクルはスポーツバイクのトップラインとして「アンカー」ブランドをローンチ。1999年からは「チームブリヂストンアンカー」として、ロードレースとマウンテンバイクの全選手がアマチュアからプロに転向した。その後のチームブリヂストンアンカーの活躍は、国内最強チームの名を欲しいままにする破竹ぶり。1999年は藤野智一がロードレースで、宇田川聡仁がマウンテンバイククロスカントリーで、鍋島健一がマウンテンバイクダウンヒルで日本最高峰の大会を制するという完勝を果たし、新体制チームの船出を祝う鮮烈なデビューとなった。
その後もロードレースでは2001年と2004年に田代恭崇が、2003年には福島晋一が、2016年には初山翔がそれぞれ日本最高峰の大会で優勝し、個人タイムトライアルでは2012年から2017年にかけて西薗良太が3勝を果たしている。マウンテンバイククロスカントリーでは鈴木雷太の2002年と2005年の優勝を引き継ぐように、山本幸平が2008年から日本のトップを決める大会で4連覇。シクロクロスは鈴木雷太が1999年に同様の大会で勝利し、辻浦圭一が2004年から2011年まで8連覇の偉業を成し遂げている。2017年には沢田時が初優勝しチームに久々のタイトルを届けた。

アンカー②

ブリヂストンサイクリングは新たに、原点へ向かう

2018年にはチーム名を「チームブリヂストンサイクリング」に改め、オリンピックを見据えトラック競技に注力することを宣言。早速、日本最高峰の大会ではチームパシュートで勝利。チームエースの窪木は4冠に輝くという圧巻ぶりだ。
歴史あるチームでありながら結果を出し続けているのには、理由がある。それは、ブリヂストンのバイクが常に国内トップ選手のフィードバックを受け、改善と洗練を続けているレーシングバイクであることだ。勝利するための好循環がここにある。
いまチームブリヂストンサイクリングの本拠地は静岡県三島市にある。これは、東京2020のトラックが行われる会場である伊豆ベロドロームに至近の環境だ。選手たちはレースやトレーニングの合間を縫って、三島市での自転車普及イベントに務めている。自転車を次の世代へと伝えるために、レース以外の活動にも心を砕いている。いまから55年前、1964年東京オリンピックのレガシーとして産声を上げたチームブリヂストンサイクリングは、来たる東京2020に、確かな足跡を残すべく活躍を期する。伝統のチームの原点回帰にして大一番がいよいよやってくる。最新鋭のレースバイクを駆り、疾走する彼らの姿が今から待ちきれない。

アンカーおすすめロードバイク

RS9s ULTEGRA MODEL

前に進む力を最大限に活かす、さらなるタイムアップのためのレーシングロード

選手が求める感覚的な性能を的確に数値化・解析したうえ、さらなるカーボン積層の見直しでよりコンペティションシーンに即すモデルとなった、RS9s。採用したシマノ・アルテグラによって、極限の状況でも確かな操作性を提供する。「進む性能を最大化する」をキーワードに、踏み込んだ力を確実に推進力へと変える、計算し尽くされた剛性バランスとさらなる軽さを確保した、日本のロードバイク技術の粋を尽くしたレーシングロードモデルだ。

アンカー

RS8 ULTEGRA MODEL

PROFORMATによるロスのない走りの設計を、身近なカーボン素材で作り上げた

上位モデルRS9sと同じ設計を、標準弾性のカーボン素材で造るRS8。PROFORMATが読み解いた推進力を最大限に高める設計と性能を、より高い耐久力とコストパフォーマンスを持つ標準弾性カーボン素材を使って製作。そのフレーム重量こそRS9sより重いものの、俊敏な反応性と推進力を手頃な価格帯で実現する。滑らかな変速を実現するワイヤリングは電動変速の内蔵式にも対応。コンポにはシマノ・アルテグラを搭載し、勝利を目指せるスペックを追求した。

RS8 ULTEGRA MODEL

RS6 TIAGRA MODEL

最新のレーシングマシン思想を、手の届きやすい価格で

リアルレーサーの最新性能を、手の届きやすい価格で実現。上位モデルで用いた解析技術PROFORMATのデータをもとに、アルミ素材でのレーシングフレームとして開発されたRS6。さらなる軽量化のため無駄を最大限にそぎ落とし、アルミ素材での最高性能を求めたロードレーサー。シマノ・ティアグラのコンポをセレクトパーツと併用し、高性能を突き詰めるもよし。初めてのレースの友として、ぜひ活躍させてほしい。

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA