いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

2020年サーヴェロ:cervéloおすすめロードバイク10選

S3 Disc Fluoro

カナダのトロントに本社を置くロードバイク、トライアスロン用ロードバイクのフレームメーカーです。
創業はタイムトライアル用のバイクの開発がきっかけになったと言われています。
タイムトライアル用のバイクの開発コンセプトは、軽く、空気抵抗に優れていて、しっかりとした剛性を出すことでした。
この3つのコンセプトは、2020年に至る現在においてもしっかりと製品にフィードバックされています。

まさにエアロロードバイク開発の先駆けとなったとも言われているサーヴェロ。
空気抵抗を徹底的に研究して造られたそのバイクは、製品をひと目見るとその拘りが随所に現れています。

ラインナップ

ロードバイクを使用するシチュエーション、レースカテゴリーに応じて、明確なモデル分けがなされているメーカーがサーヴェロです。
全てのモデルが炭素繊維のカーボン仕様なので、その価格もまた高額な部類に入ります。
通常のロードバイクメーカーであれば、10万~20万円程度で手に入るアルミロードバイクにシマノの105仕様をラインナップに加え、初心者や女性ユーザー用サイズを用意していることが多いですが、サーベロはフレームセット(フレームとフロントフォーク・シートポストのみの単体販売)のみでも40万円前後からのスタートとなります。バラ完でバイクを制作するとなると、コンポ、ホイール、タイヤ、ハンドル、シートを別途購入しなければならないので、結果乗り出しまで50万円程度の出費を要してしまう、言わば高級自転車の部類になります。
ビギナーの方にはちょっと敷居の高い価格帯とネームバリュー感があるのが否めませんが、バイク自体はとても乗りやすくて闘争心を掻き立ててくれる非常に良いバイクです。

モデルのラインナップは、グラベルロードのRシリーズ、耐久ロードのCシリーズ、エアロロードのSシリーズ、タイムトライアルバイクのPシリーズ、トラック競技専用のTシリーズに分けられます。

サーヴェロのおすすめロードバイク

S5 Disc Black/Dark Teal/Light Teal

誰よりも速くゴールへ飛び込むには、いかなるシーンでも速くあるべきです。
ソロイストを創造した時と同じイデオロギーから生まれた新しいS5 Discは、
“スピード”に繋がるあらゆる要素を利用し、プロトン内で最速のバイクとして君臨できます。
また、そのプロトンから飛び出すとき、もはやあなたは後ろを振り返る必要なんて無いでしょう。
S5 Discは、周りの景色を置き去りにするようなスピードを求める、一切の妥協も許さないトップレベルライダーのために作られた。
このモデルはCervéloが提唱してきたsystem thinkingの進化の果てに存在する。
Cervéloのエンジニアは、プロトンの中でで最速であり続けるためには、ただ剛性を高ければ、ただ反応性が優れているというだけでは不足であり、それらが統合されたレースマシンとして優れていなければとならないという認識の下、新たなSシリーズの開発に着手した。
S5 Discを手にしたライダーは、もはや過去のものに対して決して振り返る必要はないだろう。

サーヴェロ

S3 Disc Fluoro/Black/White

最高のバイクを求めているライダーにとって、S3の登場は言い訳の余地がないほどの革命を起こす出来事だと言って過言ではない。
ロードバイクテクノロジーのトレンドが変わりつつある現在、Cervéloはそれをイノベーションのチャンスととらえた。
S3は機械式と電動式の両方に対応し完全に統合されたコックピットを採用し、ライダーに卓越した空力パフォーマンスをもたらすだろう。
あなたが求める最高のバイクをここに用意した。さあ、吹き荒ぶ風に挑もう。

S3 Disc Fluoro

R3 Disc Orange/Navy/Navy

R3Discは、数日にわたるステージレースからから週末のファンライドまでカバーする、ハイパフォーマンスオールラウンドバイクです。軽量、高剛性にもかかわらず、幾日もサドルに跨る状況に順応する快適性を提供する。またハンドリングに反応性と安定性を持たせたフレームジオメトリにより、ダウンヒルコーナーをアタックする際やゴール前のスプリントにおいても、ライダーの全力を出し切ることが叶うだろう。

R3 Disc Orange

Áspero Disc Dark Teal/Light Teal

サーヴェロから新たなカテゴリーであるグラベルレースモデルのAシリーズから「Áspero」の誕生です。
新しく誕生した Áspero(アスペロ)は、より速く、より安定したハンドリング性能を持つグラベルレース/シクロクロスバイクになるよう、サーヴェロが積み重ねたノウハウであるバイクデザイン、エンジニアリングを根本から見直して開発されました。

グラベルという新たなジャンルは、その文化が持つ「自由」と新たな感覚への探求心に燃える人々によって支えられ、その拡がりは単なるバイクに留まらない一つのカルチャーとして形づくられています。それはとても情熱的であり、個々のライダーが己の限界へ挑戦したいという燃えるような情熱に包まれているように見えます。このようなフロンティア達には、その情熱を注ぎこむにふさわしい、新しいアイディアと新しいバイクが必要です。
このようなアスリート達のため、サーヴェロは純粋で、周りがあきれる程のスピードでフィニッシュラインを超えることができるバイクを創り出しました。
Áspero(アスペロ)は、それ1台で最大限のスピードをあなたにもたらすだけでなく、グラベルという様々な路面状況に対し、アスリート達が適切なコントロールを発揮するためのバイクの制御能力を同時に持つバイクとして開発されました。

Áspero Disc Dark Teal/Light Teal


Cervelo (サーベロ) 2020モデル S5 DISC R8070 Di2 ブラック サイズ51(170-175cm) ロードバイク


Cervelo (サーベロ) 2020モデル S5 DISC RED eTap AXS ブラック サイズ51(170-175cm) ロードバイク


Cervelo (サーベロ)2019モデル R2 105-R7000 SLATEサイズ48 (165-170cm)ロードバイク

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA