いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

2020年フォーカス:FOCUSおすすめロードバイク5選

IZALCORACE

ドイツ・クロッペンブルグに本拠を構えるフォーカスは、1992年にシクロクロスの元チャンピオン、マイク・クルーゲによって「レースで勝つことができる自転車を開発する」ことを目標に掲げて設立されたブランドになります。設立の翌年からドイツ最大の自転車製造会社ダービーサイクルと提携を結び、1994年にMTB、1995年にツーリング車を、そして2003年にはロードバイクの販売を開始しました。ドイツでのサイクリング人口の増加に伴いフォーカスは成長を続け、国際的なブランドとして認知されるようになったのです。
レースでの実績も豊富で、ブランド設立以降プロ選手やチームに機材供給を続けています。ドイツナショナルチームのサプライヤーを務めたこともあり、現在はドイツ自転車生産最大手ダービーサイクルの主力ブランドとして豊富な開発力を背景に、高品質なモデルを次々とリリースしています。
フォーカスのバイクの特徴として、ラインナップは絞り込みながらもサイズごとにチューブ径を変えるなどの設計方針があり、さらに安全性を高めるために、厳しい耐久テストの基準を設けているなど、合理的なドイツ人の質実剛健な品質と優れたコストパフォーマンスを誇るメーカーです。

フォーカスのおすすめロードバイク

IZALCO MAX DISC

新しいIZALCO MAXは単に速さを求めただけではありません。空力特性、軽量性、剛性、快適性、全ての機能を融合するべく開発された今までのエアロディスクロードバイクの概念を崩す存在です。

エアロダイナミクスの最適化

FOCUSのエンジニアは、すべてのフレームを再設計し、風洞実験により更に可能な限り最良の空気力学と低重量を達成するために改良を加えました。
チューブのカムテール形状、完全に内装されたケーブル、空気抵抗の低減と快適性を持ち合わせたシートポストなど、IZALCO MAX DISCをより高めるための設計がなされていきました。その結果、200Wで50km走行時、同条件のIZALCO MAXと比べ、1分30秒のタイムの短縮をもたらしました。

ハンドル&ステム for 9シリーズ

MIZALCO MAX DISC 9シリーズは、すべてのケーブルが専用設計のステムの中に格納されます。ケーブルを格納した結果として、わずかに上昇したポジションを最適化させるために、カーボンステムはー15°に設計されています。これにより、最適な空力特性を持ちながら、最適なライド姿勢を取ることが可能になりました。ステムは80~120mmの5種類の長さを用意し、あらゆる体格の方にも適合します。更に、可能な限り空気抵抗をなくすため、ねじ山の露出さえも排除しました。また、ツーピーススペーサー仕様とすることで、ポジションの設定も容易にしました。

イザルコマックス

IZALCO RACE DISC 9.6

DISC ブレーキを搭載したレーシングマシン

プロ選手にも選ばれるIZALCOの名を持つバイク、それが「IZALCO RACE」です。高剛性ながら、乗りやすさを実現したIZALCO RACEに、DISCブレーキを搭載し、制動力が向上しました。雨天時のライドやくだりでのブレーキングの安定感は抜群。高剛性のフレームはどんなペダリングも受け止め、推進力へと変換します。振動吸収性にも優れ、ロングライドまで許容する懐の広さを併せ持ちます。カーボンフレームに最新Tiagraコンポを搭載。最初の1台、始めてのDISCを試す方にもオススメです。

IZALCORACE

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA