いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

2020年フジ:FUJIおすすめロードバイク10選

フジ

フジの歴史

1899 フジの誕生

1899年にFUJIの産みの親である岡崎久次郎が日米商店を創業しました。電灯類などの米国商品の輸入販売を主としながらも1906年からイギリスのラーヂブランドの自転車の輸入販売を開始します。そして1928年に商標をラーヂから富士に改称してその歴史がスタートしました。

1930 覇王号

今でいう実用車を主な商品として飛躍的に生産台数を上げ、この時代の代表モデル「覇王号」は高級実用車として日本のみならずアジア諸国でも人気を博しました。

1935 女性と富士自転車

1935年には広告写真募集撮影大会を主催し、その時の作品を集めた「女性と富士自転車」を発刊しました。ユーザーエクスペリエンスに重きを置く今日のFUJIのイメージビジュアルの原点はここにあると言っても過言ではありません。

1951 富士フラッシャー

戦後はレースバイクの開発にも力を入れ始め、1951年には商号を日米富士自転車株式会社に改称しました。国内外のレースで活躍する一方、団塊の世代にとって青春の一台「富士フラッシャーシリーズ」など数々のヒット商品を生み出しました。

1970ー80’s New Frontier

1970年台に入って本格的に海外に進出し、特にアメリカではロードレーサーの人気が高く、アメリカの黎明期にシーンを牽引したブランドの一つとなりました。現に1980年にアメリカで発刊された「コンシューマー・リポート」にて、ロードモデル「S12S」が第一位に選ばれました。FUJIはShimano Dura Aceを最初に装着したメーカーとしても知られ、ここからアメリカでの黄金の80年代へと突入します。

フジの自転車

2000 新たなる挑戦

21世紀に入ると、海外資本となったFUJIはこれまで以上に競技用バイクの推進に力を入れ始め、2004年にはドイツ人ライダーのJudith ArndtがFUJI初のフルカーボンバイクを駆りワールドチャンピオンとなったのを皮切りに、2009年にはチームFUJI-SERVETTOに機材を供給し、ここからグランツールへの挑戦が始まりました。

メジャーブランド入りの足がかり

2010年にはロードとしてメジャーブランド入りの足がかりとなった「SST」と「Altamira」をリリース。

「SST」と「Altamira」

日本限定モデル販売

2008年から日本のスポーツバイクシーンにフィットした限定商品の開発に着手しました。定番の人気モデルとなったFeatherやクロスバイクの数々はこの時期からリリースされます。時を同じくしてストリートを中心にメッセンジャーブーム全盛を迎え、FUJIは2008年にOBEYとのコラボモデル「OBEY TRACK」をリリース。更に2010年にはTOMATOのサイモンテーラーとのコラボモデル「FUJI LOW PRO」をリリースし、今日に至るまでシングルスピードでは絶大な人気を誇るブランドへと成長しました。

ファン・ホセ・コーボがAltamiraで個人総合優勝

2009, 2010年と連続でブエルタ・ア・エスパーニャに出場し、三度目となる2011年にサポートチーム「GEOX-TMC」のファン・ホセ・コーボがAltamiraを駆って個人総合で優勝し、チームも時間賞に輝く大活躍を見せた。2012年にはアジア初のプロコンチネンタルチーム「Champion System Pro Cycling Team」に機材供給をおこないました。

FUJIの新たな可能性

2012年よりカスタムバイクコンテスト「FUJISM AWARD」をスタートしました。超ハイスペックな競技バイクからビンテージレストア、そしてストリートカスタムまで個性溢れる多種多様なバイクが競演します。同年、ロードバイクフレームのカラーオーダーサービス「FUJI REMIX」を開始しました。

サポートチームの快進撃

2014年にはサポートチーム「NetApp-ENDURA」と共に2度目のツール・ド・フランス出場を果たし、Leopold Königが個人総合7位でフィニッシュしました。同レースで満を持して投入されたのがカーボンエアロロード「Transonic」です。
2015年、FUJIが新たに機材供給をおこなうチーム「CAJA RURAL-SEGROS RGA」で4度目のブエルタ・ア・エスパーニャ出場。同レースに新たに投入された超軽量カーボンロード「SL」を駆って、同チームのOmar Fraileが山岳賞を獲得しました。

山岳賞

FUJIのおすすめロードバイク

TRACK ELITE

流線的な形状が特徴の TRACK ELITEはエアロダイナミクスと高剛性、そして最良のジオメトリーをブレンドして世界一のトラックバイクの創造というのがコンセプトです。Norcom Straightと同時期に開発され、最大限パワーを伝達させ正確なハンドリングをもたらすためにC10ハイモジュラスカーボンをベースに、ダウンチューブとフォークブレード内にFUJIが特許を持つRIBテクノロジーを採用しています。また、トラックバイクへのテーパーしたステアリングコラムとヘッドチューブの採用はFUJIが初で、スプリントのような全力走行時のフロント周りの剛性強化のため加えられた仕様になります。250mバンクが世界基準ということもあり、それに合わせたフレーム設計になっていることもポイントです。アメリカのイットなストリートレーサーが街中で乗っているのをたまに見かけるけど日本では公道走行不可となるので注意してください。

TRACK ELITE

ROUBAIX 1.3

ルーベはFUJIの中でも最古参のピュアロードレーサーで、15年販売されているロングセラーモデルになります。その間、その時々のトレンドを反映させた開発コンセプトの変遷を経て、2017年のモデルチェンジでFUJIが執ったコンセプトは究極のアルミロードの創出です。近年FUJIが推し進めるプロチームへの機材供給、そしてそのフィードバックを活かして開発されたこのバイクは、ブラインドテストでカーボンと間違えそうな程の軽やかでシルキーな鳴り心地です。これぞ本来あるべきアルミロードの真骨頂と言えます。その名前からフランスのクラシックレースを連想する方もいるかもしれませんが、過酷なシチュエーションであってもライダーのベストパフォーマンスを引き出す、正にオールラウンドロードと呼ぶに相応しいバイクへと進化しました。

追求したのはスプリントにも耐える剛性と、長距離サイクリングをサポートする快適性の両立です。旧モデルは快適性が際立つ乗り味が特徴的でしたが、プラットフォームの改良により切れ味の良いライドフィールへと進化しました。シマノ105グレードのROUBAIX 1.3、シマノTiagraグレードのROUBAIX 1.5共にプラットフォームを共有するため、Tiagraグレードクラスではトップクラスの運動性能を誇ります。上級グレードのROUBAIX 1.3は日本限定パッケージで、特別に2カラーが追加された全3色ラインナップとなっています。

ROUBAIX 1.3

JARI 1.1

グラベルロードよりも高い未舗装路での運動性能とプラットフォームの拡張性が要求されるカテゴリー、アドベンチャーロード。今まで走行性能と実用性を兼ね備えたロードバイクというものが存在しなかったが、その両立を図るべく開発されたのがJARIになります。バイクパッキングなどのロングツーリングからアグレッシブな未舗装路の走行を想定したこのモデ ルには、優れたバイクコントロール性や快適性はもちろんのこと、あったら良いなという便利な機能が満載です。

ゼロベースで開発されたプラットフォームに与えたかった要素は、優れた振動吸収性と巡航性能です。フルカーボンフォークに独自のシートステー、そして長く取られたホイールベースなどでその両立を実現しました。ジオメトリーは他のFUJIのグラベル系と違って長距離走行に重点を置いたエンデュランスタイプを採用しています。これらの特徴から長時間の走行も難なくこなせるライドフィールをもたらすと同時に、荷物積載時の安定したバイクコントロールも実現しました。ワイドブロックタイヤを履けば悪路が続くトレイルも難なく走行が可能で、またロードタイヤを履いて舗装路での機動性を重視する仕様にも対応できます。

JARI 1.1


FUJI フジ 2020年モデル FEATHER CX+ フェザーCXプラス ロードバイク【bike-king】


セール【2019年】FUJI(フジ) JARI 1.1(ジャリ1.1)【丸太町店(スポーツ専門)取り扱い】ロードバイク


FUJI フジ 2020年モデル FEATHER フェザー シングルスピード

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA