いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

2020年ラピエール:Lapierreおすすめロードバイク5選

ラピエール

ラピエールは、1946年創立という長い歴史をもつフランスの総合自転車ブランドです。日常の移動手段から世界でナンバーワンを競うレースまで、様々なシーンで活躍するバイクをプロデュースしてくれるメーカーです。日々技術を磨き高め、研究を重ね、アスリートたちがより一歩・一秒でも前へ進めるようサポートしてくれます。
世界中のアスリートがそれぞれのゴールを目指し進み、またスポーツを通じ各々を高め合っています。ラピエールは、世界中のトップアスリートが信頼を寄せるバイクブランドです。

ラピエールHPより

ラピエールは、ワインとマスタードで有名なフランス・ディジョンに拠点を置き、創業1946年というフランスでも老舗に数えられるブランドです。現在はロードバイク、MTB、クロスバイクを中心とした総合自転車メーカーとしてヨーロッパを中心に展開し、年間生産台数はのべ9万台を誇ります。
60年以上の長い歴史の中ではフランス国内での流通が主でしたが、2002年よりインターナショナルマーケットに進出。まずはフランス語圏より、次第に英語圏へシェアを拡大しました。
ラピエールは、KOGAやREDLINEといったブランドを所有するオランダのアクセルグループの一翼を担い、シマノ・ヨーロッパともより良い関係を築いています。そういった最良の環境の中で最先端のテクノロジーを駆使し、時代をリードした製品をリリースできるのです。たとえばロード用製品のプロトタイプをサポート・プロチーム”FDJ”を介してテストに貢献するなど、レース活動と同時に機材開発の分野にも貢献しています。
MTBではワールドカップダウンヒルで10回も金メダルを獲得したニコラ・ブイヨが製作に関わり、オリジナルDHバイクをリリース。また複数のチームサポートを行っており、フランスではロードバイクと同等、それ以上の人気を集めています。
本社では、コンプリートバイクのアッセンブルを行い徹底したクオリティコントロールを目指します。いくつかのセクションは “ワークショップ”と呼ばれ、職人の手作業によりバイクを迅速に確実に組んでいきます。バイク1台1台には、チェックシートが添付され、組み付けを行った担当者がサインを入れることで、コンシューマーに信頼と安心を提供します。
さらに設計やプロスペック用バイクの製作、強度試験などを行うブースなど開発に必要なすべての要素を揃え技術革新も怠りません。フランス広しといえども、これほどまでの規模の工程を自社で行うブランドはほかに存在するでしょうか?その答えはラピエールに乗っていただければわかります。

ラピエール本社の大きなエントランスには最新鋭のバイクが展示され、ゲストをもてなします。
会議室には、ツール・ド・フランスのマイヨ・ジョーヌをはじめ、これまで獲得したリーダージャージが展示されています。バイクアッセンブルを行うワークショップでは、熟練した職人たちが1台ずつ組み付けを行います。
バイクには、担当者のサインシートが添付され、高い品質と安心を提供します。開発部門では日夜、プロライダーの声とエンジニアの手腕によって優れたサスペ ンション機構が具現化されていきます。そして世界中のサイクリストを満足させるために、最先端のバイクを常に開発しているのです。

ラピエールおすすめロードバイク

XELIUS SL 600 Disc

XELIUS SLの特徴でもある3Dチューブラーテクノロジーは、シートチューブとは独立したシートステーがトップチューブ‐シートステーと流れるようなアーチ形状を描きます。
デザイン性だけでなく、低重心化によるフレキシビリティの向上や、シートステーの接合部が増えることに剛性の向上、そしてレースバイクとは思えない程の快適性を生み出しています。

XELIUS SL 600 Disc

XELIUS SL 500 Disc

XELIUS SLの特徴でもある3Dチューブラーテクノロジーは、シートチューブとは独立したシートステーがトップチューブ‐シートステーと流れるようなアーチ形状を描く。
デザイン性だけでなく、低重心化によるフレキシビリティの向上や、シートステーの接合部が増えることに剛性の向上、そしてレースバイクとは思えない程の快適性を生み出している。

 

XELIUS SL 500 Disc

AIRCODE SL 500

スプリンターのために開発されたエアロロードAIRCODE SLは、空力、剛性、重量、メンテナンス性を全て追及して設計されています。
カムテールおよびNACA形状のチュービングにより高い空力性能を、パワーボックステクノロジーによる剛性、スーパーライトテクノロジーによる軽量性を兼ね備えたAIRCODE SLは2017年のツール・ド・フランスでデビューしてからいくつもの勝利を飾っています。

AIRCODE SL 500

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA