いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




紹介記事

ソルティガ(SALTIGA)ICが新発売|2021ダイワ新製品まとめ

あらゆるシーンで、アングラーをサポートする道具であること。
「SALTIGA」の冠が付くタックルは、そのような信頼を備えていることを意味する。
狙うターゲットにより寄り添えるように最新技術を詰め込んだタックル。
2021年、さぁもっとディープなエリアへ。

2021年なんとICカウンター付きのソルティガが新発売されます。

今までのジギングリールに足りていないものは何か?
ユーザーが本当に求めているものは何なのか?
ひとつひとつを妥協せず、解決していった先に
ソルティガICは誕生した。
ダイワの新世代ベイトリールを担う
ハイパードライブデザインを搭載。
かつてのレッドゾーンを余裕綽々、超えた領域で
力強く、滑らかに回転するハイパードライブデジギア。
秘めたるはBREAK YOUR RECORDの魂。

ソルティガ

System & Technology

システム&テクノロジー

⼼臓部となる新しい設計思想のドライブギアはもちろんのこと、
マグシールドボールベアリングやATDなどの既存のテクノロジー、
果てはビス⼀本までが、ソルティガICのために選び抜かれた最⾼のスペック。
そしてそれは、ただ単なる機能の寄せ集めにあらず。
どうしてそれが必要なのか?釣り⽅は?⿂は?
そのすべてに確たる「理」があるのだ。

ハイパードライブデザイン

2021年、ダイワのNEWベイトリールは、革新を遂げ、次世代機へと大きく生まれ変わる。その象徴となるタームが、ハイパードライブデザインである。

ハイパードライブデザインとは、高い基本性能が永く続くことを目指し、全ての基本性能の水準を大幅に高めた、ベイトリールにおける新しい設計思想のこと。

それを実現するため、ハイパードライブデジギア(ドライブギア+ピニオンギア)を核とし、ハイパーダブルサポート(ピニオンギア支持方式)、ハイパーアームドハウジング(筐体)、ハイパータフクラッチの、両軸ベイトリールを構成する4つの重要パーツを、過去から培ったテクノロジーにさらに磨きをかけつつ、最先端、初搭載のテクノロジーで大幅にブラッシュアップ。まさしくその名のとおり、超越した駆動性能を持つに至ったのでハイパードライブデザインの定義は、ハイパードライブデジギアを搭載し、回転性能が向上したモデルのことを指す。最大4つの新テクノロジーで構成されるが、ドライブギア以外の3つが新テクノロジーのパーツではない場合でも、ハイパードライブコンセプトとしてカテゴライズする。また、パーツ材質は適材適所で各種、使い分ける。

テクノロジー

ハイパードライブデジギア

いつまでも滑らか。使い込むほど真価は判る。

強く滑らかな回転が持続することを追求した
ベイト(両軸)リールにおける新設計ギアシステム。
ギアの歯のモジュール(大きさ)は耐久性に直結するから小さくしない。
手間を惜しまず、歯面をひとつひとつ精密に削り出す。
だからガッチリと、滑らかに噛み合う。
初期の滑らかさが長く続くことを実現させたDAIWA独自のテクノロジー。

ハイパーダブルサポート

巻上効率の向上。

滑らかさの持続と、巻きの軽さ。

ピニオンギア両端をボールベアリングで2点支持することで、
ハンドルを回すパワーを減衰させずに
スプール回転へと伝える重要な機構がハイパーダブルサポート。
あわせてピニオンギアそのものも、大幅強化。

ドライブギアと対になるピニオンギアは、実は、精巧な設計、ギア歯面、素材、加工、耐久性、精度などが必要とされる、ベイトリールにとって本当に重要なパーツなのだ。そこで劇的な進化を果たした今回、改めてしっかりと整理しておきたい。

まず、ピニオンギア本体について。ハイパードライブデジギアと対になるため、ドライブギア同様に新諸元に刷新。それにくわえて高強度、高耐食グレードの素材へ見直し、腐食、固着、欠損などのトラブルが激減し、初期回転が永く続くという、大幅な性能向上を果たしたものになっている。

もうひとつがハイパーダブルサポート。これはピニオンギア本体ではなく、ピニオンギア両端の2点をボールベアリングで支持した、駆動ギア支持方式のことを指す。ハイパーダブルサポートは、スプール回転とハンドル回転の、それぞれに関わるボールベアリングを別々に設けることで負荷を分散しボールベアリングの初期性能維持を狙っている。

ハイパーアームドハウジング

ギアとスプールを強く
高精度で支持。

ブレない、ガタつかない、たわまない。

何事も土台が重要だ。
優れたギアが性能を発揮するために必要なリールの土台とはすなわち筐体である。
HYPER ARMED HOUSINGとは、内部構造を高剛性、高精度でしっかりと支え、
精緻な巻き心地とハイパワーを生む筐体システムを指す。
条件としては、フレームに金属素材を用いること。
さらにソルティガICではアルミニウム合金を採用。
丸型ならではのマシンカット製法によるフル切削を施し、堅牢無比な高剛性を実現する。
当然、ガタつくことなく、かっちりとしたボディで、回転を支えてくれるのである。
形状はヒューマン・エルゴノミクス、いやもっと釣りに特化したフィッシング・エルゴノミクスな、
コンパクトで、手に優しく、疲れない形状。
これについては、コンパクトボディの部分でじっくりと解説したい。

ハイパータフクラッチ

固着しにくく作動し続ける
クラッチシステム。

信頼は、ある日突然に「勝ち取る」のではなく、時間や歴史、時代を経て積み重ね続けるもの。海水域で使用するベイトリールにおいてトラブルレスを目指した結果、幾度となく稼働するクラッチON/OFFに耐え、作動し続ける高耐久クラッチ構造をついに実現。改良し続けることで見えてきた、キーとなるポイントを紹介しよう。一般的にクラッチというと、イメージされるのがクラッチレバー。これは一部のパーツに過ぎない。このレバーをON⇔OFFと切り替えることで、内部パーツが瞬時に稼働し、ピニオンギアとスプールとの切り離しまで連動するひとつなぎのシステムとなっている。つまりクラッチは、スプールフリーや巻上げの動作に移るための、まさしく駆動の要なのである。

クラッチトラブルの主な原因は、スプールとボディフレームの隙間から浸入する海水によって内部のクラッチシステムが腐食や固着し、クラッチレバーが動作しなくなるというもの。海水はベイトリールにとって不倶戴天の天敵なのだ。DAIWAは長年、クラッチシステムの改良にたゆみなく取り組み続け、このハイパータフクラッチにおいてひとつの完成に到達した。内部システムを盤石の状態に保つことこそ、クラッチが作動し続けるための根幹なのである。

マグシールドボールベアリング

マグシールド

初期性能を維持する、
唯一無二のボールベアリング

磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの異物浸入を防ぐ、軽く滑らかな初期の回転性能を長期間維持するダイワ独自の防水・耐久構造。

このテクノロジーを回転性能の要であるボールベアリングそのものに応用したのが「マグシールドボールベアリング」だ。

ベイトリールは構造上、スプールとボディの隙間から海水の浸入が避けられない。

海水の浸入により、もっとも塩ガミしやすく影響を受けてしまうのが、ピニオンギア部ハンドル側のボールベアリングである。

メンテナンスが困難で塩分が残留しがちな部分にマグシールドボールベアリングを採用することで、防水性・耐久性・回転性能を持続させ快適な初期性能を長期間維持する。

ソルティガICは、高耐久であるべき。貴重な時間を、数少ないチャンスをモノにするためには、不安要素はすべて払拭。

見えない所で効果を発揮し続けるマグシールドボールベアリング。効果は絶大。

さいごに

SALTIGA ICは、次世代ベイトリールとしての象徴の頂。高い基本性能が永く続くことを目指し、全ての基本性能の水準を大幅に高めた設計思想「HYPERDRIVE DESIGN」で磨き込んだ。ハウジングは、アルミマシンカットにより高精度でガタつきを徹底排。HYPERARMED HOUSING(FULL AL)を採用し、コンパクトながら圧倒的な堅牢性を実現。ドラグは、サイズ毎に実用作動域を見直しクラスNo.1のドラグ性能を誇る。クラッチ耐久性は絶対条件として掲げ、過酷な環境下でも稼働し続ける耐力を備えた。水深把握はICカウンター表示で明確に、デプスアラーム機能で快適性を向上。非常に楽しみなリールですね。

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
『まこと』といます。明石、日本海中心にジギング、タイラバ、イカにタコ釣りをしています。現在、J-LikeProductのフィールドスタッフです。以前は釣り具店勤務でしたが、現在は違う職種で営業職をしています。釣りに行かないお休みの日は自転車に乗る日が多く、釣りにも行かず自転車にも乗れない日はパンを焼いてます。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA