いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

2020年コルナゴ:COLNAGOおすすめロードバイク5選

コルナゴCLXDisk

イタリアのロードバイクメーカーになります。2020年モデル最大のニュースはエアロダイナミクスと剛性が強化されたハイエンドモ軽量ロード「V3-RS」の登場になります。ミドルグレードの「CLX」はディスクブレーキの「CLX Disc」に進化し、さらにコルナゴ初のグラベルロード「G3-X」が新たなラインナップとして加わりました。伝統を守りつつ常に進化し続けるコロナゴには注目です。

コロナゴの歴史と業績

1954年にエルネスト・コルナゴと弟のパオロによって創設されたイタリアの老舗自転車メーカーです。当初はミラノ近郊のカンビアーゴにて7坪ほどの小さな工房でのスタートでした。しかし、常に有力チームにバイクを供給し続け、数多くの栄光を手にし、その名を広めてきました。ロードレースの歴史と共に歩み、1991年には現在の主流でもあるカーボンフレームを発表。他の追従を許さない独創的なデザインは世界中のサイクリストを魅了しています。また日本人レーサーとも馴染み深く2010年には新城幸也がジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、世界選手権で活躍。2015年には萩原由子がジロ・ローザでステージ優勝しました。

コルナゴの特徴

高級なイメージが強く初心者にとっては敷居が高いメーカーのイメージがありますが、フルカーボンのロードバイクが20万円台から販売されています。全モデルのストレートフォーク採用、カーボンモデルにおけるラグ製法、職人が手掛ける繊細なペイント等、他社にはないコルナゴの魅力です。

コルナゴ2020年3つの新作

軽量フラッグシップモデルが刷新

まず「V2-R」からフルモデルチェンジした「V3-RS」になります。軽量レージングバイクというポジションは変わらずにエアロダイナミクスと剛性が強化されました。

エアロ効果を高めるためにリストあんぐるはコンパクトになり、さらにケーブル類はフル内装が可能になりました。ボディー剛性に関してはV2-Rと比較してヘッド周辺で6%、リア三角形では12%高められてます。V3-RSの廉価版にあたる「V3」は性能を引継ながらカーボンの積層を変更したミドルグレード車になります。

ミドルグレードのディスクブレーキ仕様の登場

ロードバイク業界のディスクブレーキ化が進んでいます。コルナゴが有するミドルグレードのカーボンロード「CLX」はディスクブレーキ仕様モデル「CLX Disc」にマイナーチェンジしました。キャリバーブレーキに比べ少ない力で高い制御力が得られるディスクブレーキは手の小さい女性やライダーやダウンヒル時に恩恵を受けます。「CLX Disc」は「V2-R」のジオメトリーを受け継ぐ車です。ハイエンドモデルのような硬さはないが一旦、スピードに乗せてしまえば巡航スピードも難なく維持できます。

コルナゴ初のグラベルロードの誕生

最後に「V3-X」です。コルナゴ初のクラベルロードになります。設計思想はハイエンド軽量ロードであるV3-RSを引き継いでおり優れた走行性能は共通します。さらにマウントは最小限に止められ協議を意識した設計になってます。レーシーなバイク作りはコルナゴらしく、グラベルはもちろんですがエンデュランスバイクとしても性能をはtぅ規する1台です。コンポーネントはシマノより発表されたグラベルコンポーネント「GPX」を採用しています。

コルナゴのロードバイク

V3-RS~ハイエンド軽量ロード

コルナゴ

2019年レースシーンにて投入された「V2-R」の進化版。ボディ剛性を高め、あらにアップグレードされたカーボンレイアップにより垂直方向への衝撃吸収が向上しています。ディスクブレーキ特有のねじれ耐性に今日かされたフレームにかかわらず、およそ45gの軽量化を果たしたヒルクライムに適応。また優れたエアロダイナミクスによりコルナゴ伝説のレーシングに特化した直進安定性能、切れ味の鋭いハンドリングが平坦路においても万能です。

CLX Disk~ミドルグレードのディスクブレーキ仕様

コルナゴCLXDisk

見た目の通りアグレッシブな走りを実現する手頃な1台。ボトムプラケット周辺の剛性感が程よいフィーリングをもたらしハイエンドモデルのような性能はないもののペダルフォースを無駄なく使える頼もしさが備わってます。巡行時は高スピードを維持しキレの良いハンドリングがダウンヒルでアドバンテージを稼ぎます。

C-RS~エントリーカーボンロード

コルナゴC-RS

カーボン・コンプリートモデルとしてラインナップの中核を担うモデル。エアロシェイプされたディテールの中で際立つのはダウンチューブの形状で剛性を高めるためにあえて角断面化されている。タイヤクリアランスは標準装備が25C幅で最大28C幅まで装着可能な設計。サイズごとに異なるホイールベースはダンシングレスポンスやダウンヒルの安定感、路面追従性能を高めるために最も適した数値が算出されてます。

G3X~グラベルロード

コルナゴG3X

コルナゴ初のグラベルロード。「V3」と同時期に開発されたのでフレーム剛性や走行性能において共通する部分が多く、グラベルはもちろんのことエンデュランスバイクとしても威力を発揮するよう設計されている。新型のシマノ製グラベルコンポーネント「GRX」を搭載してるのも注目。

[オープン記念!]【即納】COLNAGO Cycling Cap コルナゴ サイクリング キャップ/サイクリングウェア サイクル 自転車

価格:3,300円
(2020/6/18 09:46時点)
感想(0件)


ロードバイクランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA