いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ジギング

明石ジギング|ベイトタックルおすすめはスロージャーカーとオシアジガー

メジロ

いつも、ブログを読んで頂いてありがとうございます。今回、読者の方より『明石で使っているベイトタックルを教えて』とメールを頂いたので解説させて頂きます。

友人の使用しているタックルも良い物のがたくさんあり、おススメのタックルはいくつかあるのでですが、僕のメインで使用している明石のベイトタックルはロッドがエバーグリンのポセイドンスロージャーカーの3番4番。PSLJ603-3とPSLJ603-4です。リールはオシアジガー1500HGです。リールはフォールレバーのない以前よりある物を使用しています。笑 Fカスタムではない方です。

ジグはお世話になってるジェイライクプロダクトのクーダーとアースをメインで使用しています。

明石で何年もこのタックルで釣りを続けています。3番と4番で、どちらの出番が多いかとなると圧倒的に4番になりますので、もし購入を考えている方がおられましたら4番をおススメします。3番は潮が緩い時や浅場での釣り、もしくは軽いジグを使う時に使用しているロッドです。

エバーグリーン ポセイドン スロージャーカー

時代がやっと追いついた。これが本物のスローピッチジャーク専用ロッド。

例えば、「ハイピッチ・ショートジャーク(スパイラルジャーク)」にも言えますが、ジグの初速を可能な限り速め、立ち上りからジグを水平に回転させることが効果を生みます。ただしこの場合、リールの一回転のリトリーブが90cm前後となってしまい、上下の動きに弱い魚たちは瞬間的に下から上に移動してしまうジグに反応しきれず、ついていけない場合があります。このケースは、特にサイズが大きくなりスレた魚に多く見受けられます。そこで、1秒間に1回というスローなテンポで、ひとシャクリでハンドル1/3回転、1/4回転という20〜30cmのリトリーブでもジグを真横に向けることができるロッドが必要になりました。

しかし、従来の発想のロッドでリールをゆっくりリトリーブすると、ジグがオモリと化してしまい、スピードの変化も出せず、ジグも動きませんでした。なんとしてもスローテンポのショートリトリーブでジグを横にできるロッドが…素早い初動と明確な静止が得られ、ジグのスピードを自在に変化させられるロッドを追求した結果、ポセイドンシリーズ最長の開発期間、最多の試作数を経て理想のスロージャークロッドの完成に到りました。しかも、これほどまでに細身・軽量・高感度でありながら、従来の常識を覆すほどの破断強度を示したことは、正直なところ予想外の驚きであり、喜びでした。

短い移動距離で確実にジグを操り、今まで口を使わなかった魚に新たなアプローチ。「ポセイドン・スロージャーカー」シリーズ。ジグを操る悦びを感じてください。

■スロージャーカーシリーズ使用上のご注意
※ジグを操作し、魚に口を使わせるまでに特化したシリーズですので、ファイトの際はロッドを立てずに水平までを目安にお取り扱いください。
※スロージャーカーのジグ・ラインの使用目安ですが、ジグそれぞれの形状により引き抵抗が異なるためジグウエイトは目安です。PE号数はブランクス強度と使用感を考えた上での推奨値です。また、表記はあくまで使用目安であり、強度を示すものではありません。

PSLJ603-4 スロージャーカー 603-4

近海のスタンダードモデル—スロージャーカー603-4。水深80m程度のフィールドで最もレスポンスがよく、4oz.クラス(100g〜160g)のジグをメインとしたモデルです。

PSLJ603-3 スロージャーカー 603-3

浅場のフィールドを狙うスロージャーカー603-3。3oz.クラス(70〜110g)のジグをメインとしたモデルです。

シマノ オシアジガー

ジギングリールの先駆けとして、常に王道を歩んできたオシアジガー。進化の過程で追求したのはリールの本質、ただその一点である。堅牢なボディ、力強く滑らかな”巻き”、そして酷使に耐えるタフネス。いついかなる時でも信頼できる道具であることが、ジガーの求める唯一の答えだ。 そんなジギングリールの代名詞・オシアジガーが、回転フィールをいっそう高めて新登場。新機構インフィニティドライブの搭載により回転抵抗を最大約60%排除し、軽く、パワフルな巻き上げを実現。耐久性の面でも、高剛性なHAGANEボディと高い防水性能を誇るXプロテクトが内部構造をガッチリとガード。さらにはボディやハンドル、クラッチレバーにも冷間鍛造を採用するなど、妥協なきタフネスを装備してオフショアアングラーの技に応える。次元を超えたその回転フィールを体感するとき、ジギングはまた一歩先へと進む。

オシアジガー 1500HG 1501HG

オシアジガー Fカスタム 1500HG 1501HG

フォールレバーを搭載したオフショア用リール

斬新な形状のフォールレバーは親指1本で瞬時の操作が可能。フォールスピードのみならずジグの水中姿勢をも自在にコントロールし、フォールでの誘いを一層確かなものに。

インフィニティドライブとマイクロモジュールギアによる滑らかで力強い巻き上げ、高い剛性・耐久性、スムーズなドラグ性能などジガーが誇るテクノロジーは旧モデルから継続。

対象魚は1000 番~1500 番はマダイ、タチウオ、根魚、中深海のジギングに、2000番~3000番はカンパチ、マグロなど近海の大型魚がおすすめ。

 

ジェイライクプロダクトのジグ

Köder(クーダー)™

鰤クーダー

セミロングの新たなフェイバリット! 【Köder(クーダー)™】​求めたものは【操作性の高さ】、【引き重りの少なさ】、【潮流感知能力の高さ】そして最も訴求したのは【イレギュラーなスライド】 スレたフィールドにおいて、ありきたりのスライドではターゲットに容易に見切られてしまう。ジグ本来のポテンシャルをアングラーの技術でセーブしながら誘うのは、ビギナーには難しい。 ビギナーからベテランまで簡単に扱えるジグでなくてはならない。​全ての要求に応えるべく試行錯誤の末の答えが【片側だけに配したスリット】​その効果が、​ ジャークによるジグ操作入力への【ハイレスポンス】圧倒的な【引き重りの抵抗の軽減】左右に均一ではないが安定した【イレギュラーなスライド】 ​またフラットボディだからこその【潮流感知能力の高さ】も特筆もの。​ 潮況やターゲットフィッシュのチェイスによる抵抗の変化も感じ取りやすくなっています。​ヒラマサ狙いなら、ゆったりとしたワンピッチジャークで。ブリ・カンパチ狙いならハイピッチに鋭く。​ スピニングタックルでもベイトタックルでも対応のスライド系セミロングジグです。 ビギナーからベテランまで誰もが使いやすいジグがここに誕生!

aas(アース)™

明石ブリ

根魚からタチウオ、そして青物・ツナとターゲットを選ばず、様々なシーンで活躍してくれるオールラウンドジグ! ​イワシなどのショートベイトを意識したサイズ感と多くの対象魚に合わせたカラー展開。​左右対称・センターバランス設計で、潮流が緩い時でも誘いが効く! ひらひらと身を震わせながら左右へのスライドフォールと、ショートスライドからのねちねちとしたアピールでターゲットを魅了。

 

さいごに

今回、ワードプレスのブログに引っ越して初めてコメントを頂きました。感謝感謝です。少しでも僕のブログが参考になって読んで頂いてる方の釣果UPに繋がればとおもいます。本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA