いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




タックルインプレ

ライトショアジギング入門|釣り方、誘い方徹底解説。おすすめタックル

明石海峡大橋

近年、「ライトショアジギング」が、とても流行ってます。

とても面白い釣りで、年々ファンが急増している状況です。

今回は、これからライトショアジギングを初めようと考えている方に、釣り方の基本を解説させていただきます。

ライトショアジギングって?

ショアジギングとは、金属で出来ていて、魚のような形や色をしたメタルジグというルアーを使った釣りになります。

堤防や浜辺からメタルジグを遠投して、ブリ族やヒラメ、ハタに、サワラやタチウオなど様々な魚を釣ることができます。

その中でも、軽めのメタルジグ(30〜60gほど)を使用した釣り方がライトショアジギングと呼ばれる釣りになります。

ライトショアジギングでは釣れる魚種が豊富

ライトショアジギングの大きな魅力のひとつが色々な魚を釣ることができることです。

対象魚はブリ、カンパチ、サワラ、ヒラメ、サバ、ソウダガツオ、シイラ、オオモンハタ、アカハタ、タチウオなど他にも、まだまだ色々な種類の魚が釣れます。

釣り方、誘い方

基本的にはワンピッチジャークが基本となりますが、ハーフピッチや、ロッドを横に向けてのワンピッチ。ストップ&ゴーなども効果的です。色々と試すことで、その日のヒットパターンを見つけてください。

またワンポイントアドバイスとして潮目が見えてる時は潮目をジグに通過させて下さい。

潮目

水温や塩分濃度などの異なる水塊が接するの海面に現れる筋状,縞状のもの。海流と海流の間の潮境につくられる大規模なものから,河川水と沖合水の間の潮境にできる小規模なものまである。潮目では海水が収束するため,泡や海藻、ゴミ等の浮遊物が集まりやすい。また,栄養分が豊富でプランクトンが大量に発生するため好漁場となりやすいです。。

潮目にはプランクトンが湧きやすいのでイワシなどのベイトフィッシュが集まります、イワシやベイトフィッシュが集まると青物等のライトショアジギングで狙ってる魚も寄ってきます。

ハマチやサゴシなどの中型クラスの青物を手軽に狙えるのが、ライトショアジギングの醍醐味です。潮目に丁寧にジグを通過させることで対象魚を捕獲してください。

ライトショアジギングのロッド

ライトショアジギングで使うロッドは、10フィート前後の長さで60g程度まで投げられるシーバスロッドがおすすめですが現在では専用の物も発売されています。

ショアジギングロッドのML、Mなら、ライトショアジギング用として十分に使えます。

また飛距離も長さ9フィートを超えるロッドなら十分ありますし、大型魚がかかっても対応できます。

ライトショアジギングのリール

ライトショアジギングのリールには、スピニングリールの4000番台前後をおすすめします。

PEラインの1~1.5号前後を200メートル以上巻くことができるリールを推奨します。ギア比は巻き取りが早いハイギアが理想です。

ライトショアジギングのPEライン

ラインは細ければ細いほど抵抗が少なく、遠投しやすくなるメリットがありますが、その分、切れやすくなるので、その点は注意してください。

ですのでライトショアジギングではPEライン1号前後がおすすめします。

ライトショアジギングのメタルジグ

ライトショアジギングで使うジグの重さは30〜60gです。

各メーカーより色々なタイプの物が発売されていますので、色々と使ってみてはどうでしょうか。

 

さいごに

色々な魚を釣ることができるライトショアジギング。釣って楽しく、食べて美味しいを実感してください。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA