いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ジギング

オシアジガーコンセプトSが新発売|どんなロッド?比較、解説。

コンセプトS

オシアジガーコンセプトSが新発売されます。

名前を聞いただけで、とりあえず欲しくなります。

僕の場合、スピニングのジギングは、ポセイドンのスピンジャーカー、日本海ではレスターファインとオシアジガーのクイックジャークなんかをメインで使っているのですが、いったいどんなロッドなんでしょうか。

オシアジガーのクイックジャークもシャクった時の抜け感が非常によく使いやすいです。

 

オシアジガー コンセプトS [OCEA JIGGER CONCEPT S]

ドテラゲームを想定したロングアイテムも登場。
スピニングジギングのダイナミズムが全身にあふれるロッド。

応用性が高く、スピード感あふれる操作感が魅力のスピニングジギングをストレスフリーに楽しむべく、軽さ、バランス、強さの総合力を追求。キーワードはスリム、スムーズ、ストロング。スパイラルXコアを搭載した細身軽量&高反発のブランクスは最大で50g、約25%の軽量化を達成。さらにスムーズな荷重移行でアングラーの負荷と疲労を軽減しました。強靭な体幹はリズムの速いコンビジャークやロッド全体を曲げたパワーファイトにも対応し、そのダイナミズムでスピニングジギングの世界に新たな一歩を刻みます。 2021年はドテラゲームを想定しバットパワーを強化したロングモデルも登場。バーチカルのみならず、キャストを併用したり、広範囲の魚を掛けたりと幅広いジギングに対応します。
※オシアジガー(スピニング)クイックジャークとの比較

※S67-2、S66-3、S66-4:2021年3月発売予定

ラインナップ

S64-1

水深60m前後までを想定して開発されたシリーズ中で最もライトなモデル。PE2号前後、ジグウエイト60~150gに対応するスペックは近海の青物ジギングにベストマッチ。ジャーク時はライトジギングロッドに迫る軽快な操作性を発揮し、ファイト時はその強靭な粘りで大型魚の引きをもガッチリ受け止めます。

S64-2

水深20~80m+αを想定したライト系モデル。ライトラインによる攻略を得意とし、ラインプレッシャーを抑えることでより魅惑的なジグアクションを演出でき、ターゲットの捕食を誘発。掛けてからはロッド全身の粘りでバラシやラインブレイクのミスを抑制し、良型青物が相手でも安定したファイトを楽しむことができます。

S67-2【追加】

水深5~70m+α / ドテラ流しやキャストによる横方向の攻略 / 対象魚~10kg+α / 適合リールサイズ 5000~8000

S62-3

水深30~90m+αを想定し、全国で活躍するシーンが多い基軸的存在。不要なブレを徹底抑制したブランクスは、王道のワンピッチジャーク、激しい動作のコンビネーションジャーク、ジグの動きを意図的に抑えたスローな誘いなどを自在に演出。曲がるほどにロッド全身が漲るような粘り強さを発揮し、10kg級の青物でもタメて浮かせるファイトを可能とします。

S62-4

水深40~100m+αを攻略するためのパワーを重視しつつも、負荷に追従してスムーズに曲がる設計によってジャーク時のタイミングの掴みやすさも両立。王道のワンピッチワンジャーク、コンビネーションやジグの移動距離を抑えたスローな誘いなど、ジャークやジグの種類を限定することなく活躍。掛けてからは、大型青物であろうと安定したパワーファイトを楽しむことができます。

 

S66-3【追加】

水深15~90m+α / ドテラ流しやキャストによる横方向の攻略 / 対象魚~12kg+α / 適合リールサイズ 5000~8000

S60-5

水深50~120m+αを想定。深場の攻略、潮流の速いエリア、積極的にジグを操作したいシーンなどで活躍。レングスを長すぎない6フィートに設定することで、高負荷時におけるアングラーのストレスを低減。曲がれば曲がるほど強大なパワーを発揮し、大型青物の強烈な引きを難なくいなしてアングラー優勢のファイトでランディングへと持ち込めます。

S66-4【追加】

水深30~100m+α / ドテラ流しやキャストによる横方向の攻略 / 対象魚~15kg+α / 適合リールサイズ 8000~10000

ロングレングスを生かし多彩なジグアクション

新たに仲間入りした3アイテムは6‘6“~6’7”のロングロッド。スピニングならではのストロークを使った、緩急をつけたジャークが得意です。とにかく軽いので、疲れにくい。見た目は細いですがブレずに、シャキッとしている。いわゆる低燃費ジャークで釣り続けられます。とりわけドテラ流しでの青物狙いに活躍すると思いますよ。長くないとできない動きがあるので、人とは違ったアクションを生み出せると思います。

コンセプトS+ステラSW8000番

コンセプトS

山本啓人さんのおすすめ!オシアジガーコンセプトSは単体でも非常に軽く、強いのですが、その軽さをさらに活かすのがステラSW8000番と組み合わせ。
セットで最大約100gも軽くなり、スピニングジャーク特有の激しいシャクリも本当に楽に行なえます。
ステラSWはインフィニティドライブの搭載によりパワーロスを大幅に軽減、大きな魚が相手でもグイグイ巻けるパワーがあるので、コンセプトSの強さをさらに引き出してくれますね。
僕は普段ベイトタックルを使うことが多いのですが、同じようにベイトに慣れたアングラーにも、オシアジガーコンセプトSとステラSWの組み合わせは絶対にお薦めです。

うーむ、セットで欲しくなりますね~。

 

ストレスフリーを支えるSコンセプト

Slim

細身軽量&高反発ブランクス。重量をそぎ落とし、持ち軽さと振り軽さが向上。ジグを操るための反発力は高弾性化で確保。

Smooth

荷重移行がスムーズで、曲がりの頂点が手元に寄るように設計。アングラーが感じる負荷と疲労が低減。

Strong

体幹となるバットパワーは強靭に設定。ミドルスピードのワンピッチジャークを基軸に、スローからハイまで適応。リズムの速いコンビジャークや、ロッド全身を曲げたパワーファイトも得意。大幅な軽量化を達成しつつスパイラルXコアによって十分な強度を実現。

さいごに

オシアジガーコンセプトSとステラの8000番の組み合わせが魅力的過ぎですね。めちゃめちゃ欲しくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
『まこと』といます。明石、日本海中心にジギング、タイラバ、イカにタコ釣りをしています。現在、J-LikeProductのフィールドスタッフです。以前は釣り具店勤務でしたが、現在は違う職種で営業職をしています。釣りに行かないお休みの日は自転車に乗る日が多く、釣りにも行かず自転車にも乗れない日はパンを焼いてます。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA