いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




雑記ブログ

人気船の予約電話|つなげる方法とかける前に知っておきたいコツ

翔舞丸プラス

人気船の予約電話、7時から予約開始、7時30分から予約開始等々ありますが、人気船の場合、平日でもなかなか繋がりませんが、土曜、日曜となると、なおさら電話がつながりません。

今回、人気アーティストのチケットの場合になりますが、電話を繋げる方法があったので、参考までに記事にします。

予約の電話がつながる方法は開始時間がポイント

電話でチケットを予約する方法は、多くの場合で「繋がらない」のが当たり前となっているのが現状です。

予約の電話がつながるのには、もちろん運も関係していると思いますが、電話をかけるタイミングも重要なポイントのひとつです。
「予約の開始時間丁度に電話を繋ぐことができるか?」がチケットを取ることができるかできないかの大きな分かれ目となっているのです。

正しい時間を確認する方法は「117」に電話することです。
117にダイヤルすれば、10秒ごとに時刻を知らせる音声が流れるため、確実に正しい現在時刻を知ることができます。
予約の電話でチケットを取る際には活用してみる価値はありますね。
ただ、電話の通話料は「有料」となっていますので、長時間聞き続ける場合には注意が必要です。

予約電話がつながる方法はリダイヤルよりも短縮ダイアルを活用

チケットを予約する際の「予約電話」は繋がらないのが基本です。
そのため、チケットを取るためには繰り返し電話をかけ続ける必要があるのですが、この時多くの方は、着信履歴等からリダイヤルしてると思います。

しかしこの方法実は効率的ではないのをご存知でしたか?
直前にかけた番号に再度電話する「リダイヤル」は、一つの回線にひたすらかけ続けている状態なのです。
つまり、予約の電話を多くのオペレーターが対応している中(複数の電話回線がある中)で、あなたは一つの回線にだけ集中してかけているということです。
全く効率的ではないのがお分かり頂けると思います。

では、効率的に電話をかけるのには、どうしたら良いのか?
その方法は、ボタンを押すだけで電話をかけることができる、「短縮ダイヤル機能」を使うことです。
予め、短縮ダイヤル帳にチケットの予約を受け付ける電話番号を登録しておき、すぐに電話できる状態にしておきましょう。

また、短縮ダイヤル機能はチケットが取れる確率を上げることに繋がる場合もあります。

この方法は、釣り船の回線は1つがほとんどなんで、釣り船の予約には使えないでしょうね。

予約を取る電話がつながる方法は電話機によって違う

チケットの予約が電話の場合には様々な試行錯誤を行うと思いますが、皆さんはどの「電話機」から電話をかけていますか。
電話機の中では「スマホ」が大半の割合を占めている今、スマホから電話をかける方が多いと思います。

電話機には、スマホ以外にもガラケーや自宅の固定電話など、様々な種類があります。
そんな様々な種類がある電話機の中でも、特に繋がりやすいと言われているのが「公衆電話」です。

チケットを取る上では、いかに「混雑していない回線にかけられるか」が重要なポイントとなり、そんな電話機を使って電話をかけることがチケットを取るコツなのです。
また、公衆電話は災害が起きた際などに緊急時用としても使われることもあり、そうした面でも繋がりやすいと言われているそうです。

ただ、公衆電話でチケットの予約の電話をする場合、当然ながらデメリットもあります。それは「台数が限られている」こと。
また、携帯電話が普及している現代では公衆電話が減少しているのも事実ですので、公衆電話でチケットの予約の電話を行う場合には、意外と公衆電話を確保するのに苦労するなんてこともあるかもしれません。

公衆電話を探すのは、現在、難しくなりましたね~。

予約チケットを取るときは長期戦になる準備もしておくこと

人気のチケットであればそれだけチケットを入手するのは難しくなります。
そのため、場合によっては「長期戦」となることも少なくなく、チケットの予約が電話の場合には予め色々なことを準備しておくことも大切です。

主に行う準備としては以下のようなことがあります。

・トイレを済ませておく
「そんなこと…?」と思うかもしれませんが、トイレに行きたいという気持ちは基本的に逆らうことができません。
たった数秒や数分でも人気のチケットはすぐに完売してしまいます。
トイレは必ず済ませておくようにしましょう。

・購入までの流れを確認しておく
チケットを電話で予約するのが初めてという場合には、購入までの操作がスムーズに行かない場合があります。
チケットサイト等で予め購入までの大まかな流れを確認しておくようにしましょう。
また、公演日が複数ある場合には、それぞれに公演コードという英数字や数字のコードが設定されています。
購入の際には、この公演コードが必要になる場合がありますので、事前に行きたい公演日のコードをメモしておくことも大切です。

入手困難なチケットでも根気強くかけましょう

一般発売のような先着型のチケットは取れないのが当たり前。
そのチケットの人気度にもよりますが取れたら「奇跡」と言っても過言ではないのです。
そうした奇跡を勝ち取るためには、根気強く続けることが大切です。
諦めてしまえばそこで終わりです。

また、「回線が混みあっており再度おかけなおし下さい」というアナウンスは、チケットの予約電話をしている殆どの人が聞いているアナウンスです。
20回、30回と回数を重ねれば重ねるほど、気持ちが沈んでいき「もうこんなの繋がるはずがない!」と諦めたくなる気持ちも分かりますが、そこで諦めない人がチケットを入手する確率を上げることができるのです。

しかし、チケットが取れるのは「運」でもありますから、諦めなければ絶対に取れるというわけではありません。
ただ諦めていない間は「可能性」は残すことができます。
ぜひ、根気強く電話をかけ続けてみて下さい。

さいごに

途中から、チケットチケットでチケットの予約の電話の話になっていましたが、人気の釣り船の予約電話に使えるものは使ってみてください。

今なら無料キャンペーン実施中↓

海釣り動画はこちら(釣りビジョン)

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
『まこと』といます。明石、日本海中心にジギング、タイラバ、イカにタコ釣りをしています。現在、J-LikeProductのフィールドスタッフです。以前は釣り具店勤務でしたが、現在は違う職種で営業職をしています。釣りに行かないお休みの日は自転車に乗る日が多く、釣りにも行かず自転車にも乗れない日はパンを焼いてます。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA