いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




その他

春、秋にぴったり釣りメーカーのポロシャツ2020|ダイワ、シマノ等

明石海峡大橋

釣り好きなら、釣りに行く日も釣りに行かない日も釣りメーカーの服を着たいですね。春、秋にはポロシャツがぴったりです。

今回、釣りメーカーのポロシャツをまとめてみました。

ポロシャツとは

シーンを問わず着ることができ「ポロシャツ」は、どんなコーディネートにもマッチする万能なファッションアイテムです。もともとはスポーツウェアとして着られていましたが、現在では企業のチームユニフォームや学校のサークルユニフォームとして活用されることも少なくないアイテムです。

ポロシャツの生地

ポロシャツにはさまざまな素材・生地が使われており、それぞれで特徴や利用シーンが異なります。代表的な素材・生地についてご紹介します。

綿

吸水性と放湿性に優れている綿は、ポロシャツの他、Tシャツやタオルにも使われています。肌触りが良いので、長い時間着用しても肌がかぶれたり、痒くなったり心配もほとんどありません。高い通気性に加え、汗を吸収し外部へ発散してくれるので、夏場でも快適に着ることができます。こうした点から、綿はビジネスシーンやプライベートシーンを問わず、様々なシーンで活用しやすい素材です。

ポリエステル

弾力性と耐久性に優れているポリエステルは、お手入れのしやすさが魅力の素材です。シワや型崩れの心配がなく、洗濯しても傷みづらいので、長く着ることができます。また、低温であればアイロンの使用もできます。速乾性に優れているため、汗をかいたり雨に濡れたりしても洋服がジメジメすることもありません。こうした点から、ポリエステルはスポーツや運動などアクティブシーンでの着用におすすめといえます。

混合繊維

混紡繊維は、2つ以上の繊維を組み合わせた素材です。例えば、綿とポリエステルを合わせた混紡素材なら、吸水性と放湿性、通気性などの機能を持っていて、ビジネスシーンやプライベートシーンだけでなく、アクティブシーンでも着ることができます。繊維の組み合わせパターンは他にもあり、例えば「綿×麻」や「ポリエステル×ポリウレタン」などがあります。

天竺

天竺は表編みと裏編みを組み合わせた生地で、主にポロシャツやTシャツ、肌着に使われています。適度な伸縮性により、着用時はほどよいフィット感を楽しめますよ。通気性が良いですが、ゆったりとした着心地ではないため、アクティブシーンよりもビジネスシーンやプライベートシーンにおすすめです。表裏で柄が異なっているので、フォーマルでもカジュアルでもおしゃれに着こなすことができます。

鹿の子

凸凹した見た目が特徴的な鹿の子は、肌との接地面が少ないため通気性が非常に優れています。伸縮性があるものの横方向へは伸びづらいので、型崩れする心配もはほとんどありません。そのため、ビジネスシーンなど身だしなみを整えたいときにぜひおすすめしたい生地です。

おすすめ釣りメーカーのポロシャツ

ダイワのポロシャツ

シマノのポロシャツ

がまかつのポロシャツ

エバーグリーンのポロシャツ

 

ゼスタのポロシャツ

アブガルシアのポロシャツ

さいごに

釣りメーカーのポロシャツは着心地良く、風通しも良いので着心地最高ですよ。

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA