いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

ロードバイク用おすすめヘッドライト10選|特徴と比較。2020年。

牛滝山

自転車は、道路交通法上は軽車両という扱いになります。ヘッドライトは自転車への装着が義務づけられてはいませんが、夜間の走行およびトンネル内のように見通しが悪い道路を通行するときには必ずライトを点灯しなければなりません。ですのでヘッドライトの装着がマストとなります。安全のためにも必ず夜間やトンネル内等はライトの装着しましょう。

ヘッドライトについて、ルーメンとカンデラ

ヘッドライトは10mほど先のものがはっきりと見えるよう明るく照らすことができるものを推奨します。光の色は白か薄黄色の物を選んでください。メインのライトは点滅ではなく、必ず点灯させる必要があります。

ライトのカタログには、点灯モードの種類と、モードごとルーメンやカンデラ(明るさを表す数値)の記載があります。ルーメンは光源から出る全体の光の強さを表しており、カンデラは一定方向への光の強さを表します。どちらも数価も大きい方が明るくなります。都心部など、夜でも比較的明るい場所なら100~200ルーメン程度のライトでも大丈夫ですが、街灯が少ない暗めの場所や田舎道を走るの場合は400ルーメン以上のライトを装着しておくことを推奨します。

電池式のヘッドライトをおすすめします

ヘッドライトの稼働時間は、内蔵している電池の容量とライトの明るさによって決まります。ママチャリや一般的な自転車でよく見られる、走りながら点灯に必要な電源が供給できるダイナモ式は、半永久的に点灯できるのですが、稼働に負荷がかかるうえに速度で光量が増減するので、ロードバイクには不向きです。ロードバイク用としては電池式のライトを選択してください

基本的には、明るく長時間照らし続けられるライトが安心ですが、光量と電池容量が大きいライトは本体のサイズ・重量が大きくなりますのでロードバイクの総重量に影響します。自分にはどのぐらいの明るさが必要で、どのぐらいの時間ライトを点灯しながら乗る必要があるのかによって自分に合ったライトを選んでください。

電池式の自転車用のライトは、充電池を内蔵しているタイプと乾電池式のものがあり、充電池を内蔵しているタイプの方が明るいです。

最近、充電式はUSB接続で充電するものが多いですが、外出先で電池が切れてしまうと基本的に充電できません。モバイルバッテリーなどで充電は可能ですが、充電に時間がかかる点もデメリットになります。またバッテリーが劣化してきた場合には、基本的にライトを買い換えなければなりません。一部の製品ではバッテリーがカートリッジ式になっているものもあり、予備バッテリーを外出先でも入れ替えることができるので、夜間に長時間走る必要がある人におすすめします。

乾電池式のものは、電池が切れて電池を購入するか、あらかじめ予備の乾電池を用意しておけばいいので安心です。手軽に交換できるところが乾電池式の強みです。しかし、充電池内蔵式のものと比べるとライトの明るさでは劣りますし、サイズや重量が大きくなりやすいという欠点があります。

おすすめヘッドライト

キャット アイ(CAT EYE) ボルト800

約800ルーメンの小型・軽量、ハイパワー充電ライト

カートリッジ式バッテリーの採用により、充電式ライトの弱点を克服、フィールドでも簡単・安全に交換可能

LEDユニットは放熱に優れハードな使用に耐えるアルミパーツを採用

キャット アイ(CAT EYE) ボルト800

約400ルーメンの小型・軽量、ハイパワー充電ライト

カートリッジ式バッテリーの採用により、充電式ライトの弱点を克服、フィールドでも簡単・安全に交換可能

LEDユニットは放熱に優れハードな使用に耐えるアルミパーツを採用

キャット アイ(CAT EYE) アーバン

電池式ヘッドライト

サイクリング中に電池が切れても、コンビニなどで入手しやすい単三形乾電池なので、出先で電池交換ができて安心。単三形乾電池2本で約30時間点灯。ロングセラーのHL-EL140の後継モデル。HL-EL140と比べて2倍の明るさ。通勤・通学、サイクリングなど、普段使いにぴったりで、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクを始めたばかりの方におすすめ。JIS規格/BAA適合モデル。安全のための必要な明るさの決まりJIS規格、BAAのライトに準拠。前照灯として使用可能。

自転車への取付~工具不要で簡単に取付けられるフレックスタイトブラケット付属で、ハンドルバーにしっかり固定。

 

レザイン(LEZYNE) 2LEDフロントライト

街乗りからロングライドまで適応~通勤・通学を中心としたタウンユースから、街灯の少ない夜道や河川敷などでの利用、高スペックを活かした長めのライドまで、幅広い用途に適応します。

レザイン独自のレンズ加工技術で、幅広い照射角を実現。夜間にはワイドな視界確保し、昼夜問わず様々な角度から対向車にアピールできます。

デイタイムフラッシュモード搭載~最大光量の1000ルーメンで高速点滅するデイタイムフラッシュモードを搭載。晴天の日中でも、対向車などに存在をアピール。

 

レザイン(LEZYNE) ミニドライブ

街乗りからロングライドまで適応~通勤・通学を中心としたタウンユースから、街灯の少ない夜道や河川敷などでの利用、高スペックを活かした長めのライドまで、幅広い用途に適応します。

通勤や通学をはじめ、タウンユースに十分な光量スペック

スポーツライドに求められるコンパクト性

デイタイムフラッシュモード搭載~最大光量の400ルーメンで高速点滅するデイタイムフラッシュモードを搭載。日中、遠くの対向車へ自身の存在を強くアピールできます。

 

オーライト(OLIGHT) RN800

明るさは800ルーメンあり、道幅や路面の凹凸、道端に落ちているモノなどが暗闇でも視認しやすいです。なお、200、400と800ルーメンにも調節可能です。片手操作スイッチで5つの異なるモードを切り替えて、ワンタッチで、道路状況や天候に応じて簡単に切り替えられます。

軽くて高質量アルミニウム合金なので、1mから落ちると、正常に使えます。また、防脱落デザインを搭載なので、しかっり取り付けられると、悪い道路の衝撃でも脱落しません。防水防振デザインなので、環境に関わらず使用できます。

取り付け簡単~取付可能ハンドル直径:φ20~30mm、商品の取り付けに際して道具や工具の類は一切必要ありません。ライトのスタンドは自転車のマウントバーに取り付けるだけなので、 ほんの数秒で取り付けることができます。スライドさせてはめ込むだけで装着は完了です。簡単に取り付けます。

※ 盗難防止のため、自転車から離れる時は、ライト本体を外すことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA