いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

神出山田自転車道|神戸北区ー西区の自転車道を市がシェアサイクルを試行

神出山田自転車道

神戸市は9月12日から、神戸市北区山田町と西区神出町の田園地帯を結ぶ神出山田自転車道(全長約19・3キロ)で、クロスバイクを有料で貸し出す「シェアサイクル」を試行するそうです。僕の家から神戸は少し遠いですが、こういう動きは非常に嬉しいですね。

昨秋に改修工事を終えた神出山田自転車道に、貸し出しと返却の拠点施設「つくはらサイクリングターミナル」(北区山田町衝原)が設置されました。クロスバイク(S、Mサイズが各5台、Lサイズは10台)とヘルメットを貸し出しがあります。料金は中学生以上1回千円、小学生以下500円で、利用日の1カ月前から前日までに予約可能です(空きがあれば当日利用も可能です。)。

つくはらターミナル近くには無料駐車場(約20台)を設けるほか、神戸電鉄箕谷駅から市バス111系統でバス停衝原下車、徒歩約5分です。

試行期間は12月6日までと、3月6~28日のそれぞれ土日曜・祝日のみ。午前9時~午後6時(貸し出しは午後4時まで)。

予約は、神鉄コミュニティサービス(平日TEL078・582・8750、土日祝TEL090・3870・4907)に電話。貸し出し時は運転免許証や健康保険証などの身分証明書を提示が必要になります。

神出山田自転車道とは

神出山田自転車道

2019年神戸市北区、西区の田園地帯を走る「神出(かんで)山田自転車道」(全長約18キロ)が改修されました。市が約30年前に整備しましたが、阪神・淡路大震災後の財政事情から修繕が見送られ、経年劣化が進んで利用者も激減していました。市は約1億7千万円をかけて舗装し直し、案内看板や休憩所などもリニューアルされました。
東側はつくはら湖(北区)を通り、秋は呑吐(どんど)ダムの紅葉が美しいです。中央付近は明石川沿いの里山で、西側は西区神出町の田園地帯。神戸電鉄粟生(あお)線が横断し、折りたたみ自転車を袋に入れれば電車移動もできます。自転車道としては短距離ですが高低差は120メートル前後あり「初心者も中級者も楽しめるコース」(同市道路部計画課)です。
神戸市によると、国の大規模自転車道整備方針を受けて1979年に工事を始め、90年に開通した。走行者数のデータはありませんが、道中にある市施設のレンタサイクル利用者数は当初、年間約2万人に上ったそうです。しかし、震災後、市が管理修繕費を捻出できず、舗装が傷み、休憩所なども劣化。レンタサイクルは2016年末まで続いたが、末期の利用者数は約10分の1に落ち込んでいました。
市は西北神地域の活性化や観光資源の再生を目指し、18年度から再整備。舗装や柵を修理し、休憩所なども改修した。つくはら大橋休憩所には「BE KOBE」のモニュメントも設置されました。メリケンパーク(中央区)などにある人気の撮影スポットで、田園地帯では初めてになります。

せっかくの自転車道、行ってみたいものです。

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA