いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

ロードバイク用ヘルメット人気メーカーおすすめ15選

ロードバイク外人

ロードバイクに乗る上で、ヘルメットはとても重要になります。死亡事故の約60%が頭部の損傷による死亡が占めますが、ヘルメットをしっかり被ることによって、4分の1にまで低くすることができます。

自転車乗用車損傷

ロードバイク用ヘルメットの選び方

デザインは大切です。

上級モデルはエントリーモデルに比べて空気の流れを意識して作られてます。空力を考えて作られたヘルメットのデザインはカッコイイです。デザインでも納得したヘルメットをという方はエントリーモデルだけではなく上級モデルも見てください。予算的にも10,000円から各メーカーのエントリーモデルではなく、スタンダードグレードに手が届くようになります。ロードバイク選びの記事でも書きましたが、気に入ったデザインの物を選ぶのが1番だと僕は思います。

レースに出場する場合

レースへの出場を考えている方は必ずJCF公認ヘルメットを準備してください。推奨ヘルメットという物もありますが、推奨ヘルメットでは自転車競技には参加できないので注意してください。JCF公認ヘルメットは一般的にレースのことを考えて設計されたヘルメットになりますので軽量で、長時間の使用でも疲労が蓄積しにくくなります。走行スピードが速い場合や、林間を走行する場合などの落車時のリスクを考えると保護性能を高めている競技用ヘルメットもあるので、そちらをおススメします。
ロードバイク用ヘルメットは競技者にとっては消耗品でもあるので、レースに参加する方はレース用と普段用で使い分けるのもひとつの手です。

ロードバイク用おすすめヘルメット

OGKカブト

常に最高の製品をめざすこと。そして、“プロが納得できる製品づくり”を追求しつづけること。そこには、絶えず「何か違う」という高い問題意識と、「もっと良いものができる」という向上心があります。そんな飽くなきチャレンジ精神が、結果として100種類以上のヘルメットを開発する原動力となってきました。私たちKabutoは、“The Quality of Heart(心の質)”をマインド・スローガンに掲げ、これからも「安全」と「安心」を提供できるメーカーとして、お客さまとともに走りつづけてまいります。

LAZER レイザー

LAZERヘルメットは、1919年 ベルギーにて創設され、ヘルメットの歴史と共に90年以上を歩んできた世界屈指のヘルメットブランドです。

UCI ワールドツアーでは Jumbo Visma と Team Sunweb、日本国内ではシマノレーシングなどをサポート(2019)。数々のプロチームに勝利を導いてきたLAZERヘルメットです。

GIRO ジロ

多くのトップライダーに支持されているGIRO(ジロ)は、1985年創業のアメリカンブランド。それまでと異なる自転車ヘルメットの構造は、後発に多大な影響を与えたと言われる。GIROはその先進性を持ち続け、自転車が人生に与える可能性を信じ、新たなアイデアを生み出し続ける。

BELL ベル

総合ヘルメットブランドとしてのプライド。1954年の創業から、オートレーシング、モーターサイクル、サイクリングのそれぞれのカルチャーから生み出された製品群。
それは、グランツールを主戦場とするプロロードレーサーやワールドカップを転戦するダウンヒラーなどのプロユースのみならず、週末に汗を流すファンライダーから自転車通勤をするビジネスマン、更には保育園からスーパーマーケットまで子供を乗せて走り回るママ達まで、その全ての人たちの頭部を守るためにあります。ベルの本社内に併設された品質管理施設『DOME』。そこにはあらゆる局面を想定した実験設備が並び、創業から60年以上が経過した現在でも安全対策への姿勢を緩めることはありません。全てのヘルメットはモデルごとに最適化された『PURPOSE BUILT』の名の下に設計。そこにヘルメット専業として築き上げてきたノウハウやクールでユニークなデザインが加わり、他に類のない品質へと昇華します。

 

BBB

プロフェショナルからレクリエーショナルまで、すべてのサイクリストのライドと共にあるオランダブランドです。オランダの本社で生み出される新商品。自らがサイクリストでもある開発者が理想のサイクリングアイテムを追求しています。BBBの開発からセールスまで、全員が熱狂的なサイクリストです。開発された商品は彼ら自身が使用し、さらに磨かれていきます。レースで使用される商品は、ヨーロッパのプロチームに供給し、レースの最前線で使用しています。また過酷なアドベンチャーライドに挑むサイクリストにも機材サポートをし、現場からのフィードバックを得て、さらに商品が進化していきます。

 

さいごに

今まで何度も落車された方を見てきました。安心安全のためにもヘルメットの着用を強くおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA