いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




ロードバイク講座

【初心者入門編】ロードバイクのホイール選び方とおすすめ5選

太陽に向かう

ロードバイクに乗り慣れてくると軽いホイールに変えたくなりますよね。ホイールを変えるメリット、デメリット。交換するときの注意点等を説明します。

ホイールを変えると更に楽しくなる

より快適にロードバイクに乗りたい。ホイールをカッコよくカスタマイズしたいと考える人は多いと思います。

ホイールを変えるだけで見た目のカッコよさがグンとあがります。もちろん走りやすさもグンと上がりロードバイクライフが楽しくなります。

ホイール交換のメリット

①乗り心地

ホイールが軽くなると漕ぎ始めの力が少なくなります。その分、加速しやすくなるので平坦な道ではスピードアップしやすくなります。また登坂するときには余分な力が必要なく坂道を上る時も楽になります。下り坂の時には加速しやすくなります。スピード感を感じることができます。

②デザイン

ロードバイクを見た時、フレームの次に目がいくのがホイールです。ホイールを変えることで自分好みのデザインに近づけることができます。メーカーによっては独特の形状やデザイン性を高めているホイールもあります。

ホイールのカラーを選択できる商品やタイヤの質感まで選択できるホイールもあります。

ホイールの材質と特徴

ホイールを交換する上で知っておきたい情報と材質や特徴を説明します。

走りを大きく左右するのが材質です。ホイールの材質は乗り心地に大きく影響を与えます。ホイールの材質にはアルミとカーボンの2種類があります。アルミとカーボンでは重さだけではなく、ブレーキの利き具合や耐久性が異なります。もちろん、価格帯も大きく違います。

①アルミホイール

耐久性に優れており摩擦による消耗も少ないので使用頻度の高い人や通勤、通学に使用する人にもおすすめです。ブレーキの制御力が高く雨の日でも走れます。

デメリットはカーボンより重い材質でできているので軽さを追求する人には向いてません。価格帯は比較的安価な価格となります。

②カーボンホイール

カーボンは特殊な樹脂でできています。アルミより軽いので『とにかく軽さを重視したい』という人におすすめです。車体が軽くなる分スピードアップに繋がります。

デメリットはアルミホイールに比べると高価になります。また扱い方によっては割れてしまうこともあり定期的なメンテナンスが必要です。

ホイールの種類

ロードバイクのホイールは「クリンチャーホイール」、「チューブラーホイール」、「チューブレスホイール」の3種あります。それぞれ特徴が異なりますので使用頻度や乗り心地等で選ぶのがいいと思います。

クリンチャーホイール

クリンチャーホイールはU字構造になっているタイヤの中にチューブを入れてリムに空気圧で押し付けてタイヤに固定します。タイヤとチューブの組み合わせが自由ですのでアレンジがしやすいです。チューブも安価ですので初心者の方におすすめです。ただ、リムに強度がいるのでチューブラーに比べると車体は重くなります。

チューブラーホイール

3種類のホイールでもっとも歴史が古く競技用としても使用されることが多いです。筒状のタイヤの中にチューブが縫い込まれており、リムにタイヤを固定する構造になります。

乗り心地がよくリム強度が高く耐久性に優れています。本格的に始めたい方、乗り心地に拘る方におすすめです。

デメリットとしては、タイヤをリムセメントと呼ばれる接着剤や両面テープを固定するため専用の接着剤が必要になります。またパンクの修理が難しくなります。

チューブレスホイール

チューブを使わずタイヤのみで使用できます。乗り心地が良くパンクしにくいので使用頻度の高い人や乗り心地に拘る人におすすめです。またパンクをしても空気圧が急激に下がらないので安全性も高いです。

ですが、ラインナップがまだまだ少なく選択肢も少なく割高でタイヤをはめる時に力も必要です。

ホイールのサイズと重量

ホイールのサイズや重量には、基本的なサイズと重量、リム幅やリムの高さがあります。

ロードバイクのホイールサイズは700cが一般的です。また700cサイズのホイールは、ほとんどのロードバイクで使用できます。

身長が160cmを下回る方には650cというサイズもありますので、身長や乗り心地に合わせてサイズを選択してください。

重量は前後あわせて1700gだと安定した乗り心地となり街乗りにもレースにも使用できます。ホイール重量は重すぎると加速しにくく、軽過ぎると漕いでる感覚が少なく運転しにくく感じます。

1700gだと重すぎず登坂力と加速力を維持しながら快適にサイクリングできます。

タイヤ幅も大事なポイントです。23c〜25cがメインで数字が小さくなると幅が細くなります。

幅が狭いと地面との接地面も小さくなるめ、スピードが上がる分、運転技術も求められます。逆にタイヤが太くなると接地面も増えて余分な力が必要になります。

リムの高さは20〜31mm前後のローハイトが無難です。31mm〜45mmはセミディープ46mm〜80mmはディープと呼ばれます。数字が大きくなると空気性能が増しますが、その分、リムが重くなります。

重いリムに慣れてない初心者の方にはオーソドックスなローハイトをおすすめします。

リム幅は走行シーンに合わせて選ぶと走りやすいです。通学、通勤に使う場合や平地が多い場合は17cのワイドリム、ヒルクライム等が多い場合は15cのナローリムを選んでください。

近年ではリム幅を15から17にワイド化したホイールが多く17cのワイドリムが増えている傾向です。ワイドリム化することで、コーナーリングの安定性やクッション性が向上し快適な走行に繋がります。

【楽天スーパーSALE 特別クーポン 6/4 20:00~6/11まで】自転車 ロードバイク 700x28C シマノ 21段変速 補助ブレーキ ディープリム 40mm GRAPHIS ロードバイク ロードレーサー ドロップハンドル 補助ブレーキ 入門 初心者 ビギナー サイクリング ☆

価格:24,800円
(2020/6/5 07:16時点)
感想(4件)


ロードバイクランキング

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA