いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




タイラバ

タイラバ徹底解説|おすすめタックル比較。ロッド、リール、ヘッド等

タイラバ釣果

1年を通じて釣りを楽しいんでいますが、ジギングの次に釣行回数の多い釣りが『タイラバ』です。

今回、タイラバについて解説します。

タイラバってどんな釣り方?徹底解説

基本的な釣り方は、まずタイラバを海底まで沈め、着底したら速やかに巻き上げるという操作の繰り返しです。そして、この時に、巻き上げを「終始一定の速さで行なう」というのが大きな特徴です。

この時の探る棚と巻きスピードで釣果に差がでます。色々な巻きスピードを試して、その日のヒットスピードを見つけてくださいね。

タイラバの基本中の基本は一定の速度でリールを巻き続けること。巻いている間はネクタイが水の抵抗を受けてユラユラとしていることをイメージしながら巻いてください。

おすすめタイラバロッド

スピニングタックルで行うキャスティングタイラバもありますが、タイラバはベイトタックルが基本となります。釣り方は基本的にタイラバを海底まで落とし、着底したらすぐに巻くというシンプルな操作の繰り返しの釣りです。着底が分かりやすく、巻く力が強く、イトヨレが生じにくいベイトタックルを使うのが一般的ですし初心者の方には、そちらをお勧めします。タイラバ専用のロッドが各社から発売されています。乗せ調子、掛け調子とありますが、初心者の方には乗せ調子をお勧めします。

※スピニングタックルで行うキャスティングタイラバですが、こちらはタイラバをキャストして、広い範囲を探れるところが有利です。ですが、まずはベイトタックルで基本のタイラバからスタートししてください。

シマノ 炎月 エクスチューン各種

釣性能を徹底的に高めた鯛ラバロッド。握りやすく疲れにくいグリップ、パワーロスを抑えた超強度カーボン素材、ロッドの性能を根幹から高めるスパイラルXコア構造、ライントラブルを抑止するXガイドなどを採用した高機能なシリーズ。

さらに多様化する鯛ラバシーンに合わせて、フルソリッド、乗せ調子、掛け調子、キャスティングという4つの専用調子をラインアップ。

 

シマノ 炎月 SS各種

ダイワ 紅牙 AGS各種

「紅牙 AGS」はその名の通り、従来の金属ガイドより軽量・高感度なダイワ独自のカーボンガイド『AGS(エアガイドシステム)』を搭載したタイラバ専用ロッド。穂先は今や高感度の代名詞ともなりつつあるチタン合金穂先「メタルトップ」で、ラインを通して伝わる水中からの信号をダイレクトに伝え、ネクタイをかじる繊細なアタリを確実にキャッチ。肉厚ブランクには高い操作性やパワーをもたらすネジレ防止の最適構造「X45」を採用し、感じ取ったアタリを確実にフッキングに結び付ける。乗せ調子の「TYPE-N」4アイテム、掛け調子の「TYPE-K」2アイテム、さらにキャスティングに特化した「TYPE-C」1アイテム、計7アイテムをラインナップ。自らが得意とするタイラバスタイルを極めたいエキスパートの右腕となって活躍するダイワ最高級のタイラバロッドである。

 

もっと詳しくライラバロッドはこちら

おすすめタイラバ用リール

ベイトリールはカウンターが付きをお勧めします。僕も以前はカウンター無しのリールを使っていてラインの色で判断していましたが、1度カウンター付きを使ってからは、いつもカウンター付きのリールを使うようになりました。

シマノ(SHIMANO)  オシアコンクエストCT 

200HG(右) / 201HG(左) / 200PG(右) / 201PG(左)

オシアコンクエストに、フォールレバーとデジタルカウンターを装備したモデル。

HAGANEボディ、精密で高剛性のマイクロモジュールギアなどはそのままに、「フォールでも魅せる」ことが可能に。より効率よく釣りを楽しめる。

 

シマノ(SHIMANO)   炎月 CT 

150HG(右) / 151HG(左) / 150PG(右) / 151PG(左)

タイラバ用カウンター付きベイトリール。

2019年モデルは炎月プレミアムにも搭載しているフォールレバーとカウンターを搭載。真鯛の活性に合わせてフォールスピードを自在に調整できるだけでなく、デジタルカウンターがフォールと巻きのスピードを数値で表示。ヒットパターンを正確に再現することが可能に。

ボディも耐久性・剛性に優れたHAGANEボディでフォールタイラバの世界をより楽しめるモデル。

 

ダイワ 紅牙 IC

ATD/スーパーメタルフレーム/スピードシャフト/LEDバックライト/巻上げスピード表示/ドラグ引き出しクリック/電池交換可能/105mm仕様ロングパワーハンドル/パワーライトSノブ/糸長・下巻き・引き出し入力対応

 

もっと詳しくタイラバ用リールはこちら

おすすめヘッドとネクタイ

仕掛けはヘッドとネクタイを組み合わせて使ってください。色々なメーカーから色々なヘッドやネクタイが出ていますので使ってみてください。最近はトレーラーにワームを使ったり、ネクタイを使わずにワームなんていう方も見かけますね。

ヘッドはお値段が上がりますが、タングステンモデルを推奨します。

ヘッドの重さ

ヘッドの重さですが、「水深=グラム数」で重さを考えてください。水深80mの場所なら80gが基本です。水深60mの場所なら60gとなります。ただし、風の有無、流れの速さなどで、重くしたり軽くしたりの調整はしてください。底が取れないと釣りが成立しないので、必ず底取りのできる重さのヘッドを使ってください。

 

 

さいごに

簡単なようで難しいタイラバ。ですが、タイラバは初心者向きの釣りです。ぜひ、タイラバに挑戦して美味しい鯛を釣ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
まこと
『まこと』といます。明石、日本海中心にジギング、タイラバ、イカにタコ釣りをしています。現在、J-LikeProductのフィールドスタッフです。以前は釣り具店勤務でしたが、現在は違う職種で営業職をしています。釣りに行かないお休みの日は自転車に乗る日が多く、釣りにも行かず自転車にも乗れない日はパンを焼いてます。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA