いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




タックルインプレ

スーパーライトジギング(SLJ)人気リールおすすめリール15選比較

アースハマチ

スーパーライトジギングのリールですが、スピニングリールで挑むこともできますし、ベイトリールで挑むこともできます。状況に応じてタックル変更することが釣果に大きく影響します。

スーパーライトジギング入門:基本的な事はこちら

スピニングリール

スーパーライトジギングのリールでは、主に使用するラインは0.8~1号になります。このラインを200m巻けるリールが必要になります。スピニングリールであればシマノですと2500~4000番、ダイワですと3000番クラスがいいサイズになります。軽さを重視で2500番クラスを使用することもできますが、大型青物がかかった場合はやり取りに苦労します。その点を考慮するとシマノの4000番、ダイワの3000番がちょうど良いサイズ感になります。このサイズなら、SLJにも使えてライトジギングにも併用できるので、その点でもおススメになります。
ギア比ですがパワー重視ならローギアを推奨しますが、手返し重視ならハイギアを推奨します。

スーパライトジギングおススメスピニングリール

シマノ ツインパワー 4000XG

高剛性・高耐久 ツインパワー。金属ローター×HAGANEボディ。さらに質実剛健の極みへ。誕生以来、30年の歴史を積み重ねてきたツインパワー。今作には、長年追い求めてきた質実剛健の理念を結集し、たわみや歪み・ネジレを抑制する金属ローターを搭載。HAGANEボディとの組み合わせにより、過剰なまでの剛性感と耐久性を獲得した。さらに、剛性に優れた金属ローターは、ステラを彷彿とさせる安定した巻き心地を生み出し、永続的に滑らかなリーリングをも可能にする。それだけではなく、新たにロングストロークスプールを採用したことでキャスト性能も向上。あらゆるシーンで信頼をおいて使い込めるタフな一台へと進化を遂げ、新たな歴史をスタートさせる。

シマノ ツインパワー 4000MHG

高剛性・高耐久 ツインパワー。金属ローター×HAGANEボディ。さらに質実剛健の極みへ。誕生以来、30年の歴史を積み重ねてきたツインパワー。今作には、長年追い求めてきた質実剛健の理念を結集し、たわみや歪み・ネジレを抑制する金属ローターを搭載。HAGANEボディとの組み合わせにより、過剰なまでの剛性感と耐久性を獲得した。さらに、剛性に優れた金属ローターは、ステラを彷彿とさせる安定した巻き心地を生み出し、永続的に滑らかなリーリングをも可能にする。それだけではなく、新たにロングストロークスプールを採用したことでキャスト性能も向上。あらゆるシーンで信頼をおいて使い込めるタフな一台へと進化を遂げ、新たな歴史をスタートさせる。4000MHGは#4000サイズのスタンダードハイギアモデル。遅すぎず、速すぎないちょうどいい巻き取り速度。幅広い釣種に使える汎用性の高いモデル。

 

シマノ バイオマスターSW 4000HG

ギア部のパワー伝達効率を向上させ力強い巻上げを可能とした「X-SHIP」を搭載。ギアは「超々ジュラルミン冷間鍛造ギア」と「超高強度真鍮ピニオンギア」により構成され、それを高剛性ハイブリッドアルミボディが強力に守る。さらに、ドラグワッシャは高耐久カーボンドラグワッシャ、ハンドルノブは力を入れやすいパワーラウンドノブを搭載し、力強く高耐久なSW仕様としています。

シマノ ストラディック 4000XG

基本性能をさらに磨いて。実感できる進化がここに結実。スピニングリールの基本性能である「巻き」「耐久性」「飛び」がさらに進化を遂げました。マイクロモジュールギアII、サイレントドライブを搭載することでフラッグシップに迫るリーリング性能を追求。また上位機種を踏襲した新しいHAGANEギア、防水機構のXプロテクトを搭載することで従来モデルよりさらに強く、耐久性のあるモデルになりました。さらに同クラスでは初となるロングストロークスプールを採用することでキャスト性能も向上。今までルアーが届かなかったポイントへのアプローチを可能にします。豊富なラインナップで、ライトなターゲットから海の大物まで幅広いシーンで活躍するストラディック、フラッグシップに迫る進化を遂げました。

ダイワ セルテート LT3000XH

タフでありながら軽量。矛盾を可能にするモノコックボディで生まれ変わったタフな小型スピニングリールの代名詞「CERTATE」。LTコンセプトとモノコックボディという理想の組み合わせにより、これまでにない軽量性を手に入れた。モノコックボディは軽量性のみならず、このリールを語る上で外せないタフな部分においても史上類を見ない水準を実現。コンパクトながらも秘めた底知れぬパワーは、アングラーを未知の領域に誘う。

ダイワ セルテート LT2500S-XH

タフでありながら軽量。矛盾を可能にするモノコックボディで生まれ変わったタフな小型スピニングリールの代名詞「CERTATE」。LTコンセプトとモノコックボディという理想の組み合わせにより、これまでにない軽量性を手に入れた。モノコックボディは軽量性のみならず、このリールを語る上で外せないタフな部分においても史上類を見ない水準を実現。コンパクトながらも秘めた底知れぬパワーは、アングラーを未知の領域に誘う。

ダイワ イグジスト LT3000-XH

スピニングリールの新たな歴史を刻む、LTの旗艦デビュー。ダイワスピニング60年の技術の粋を集結して生まれた18EXIST。まずは手に取って感じて欲しい。無限を思わせる軽やかで精緻な回転フィーリング。圧倒的に軽量だが、同時に頼もしさを漂わせる剛性感。その驚きは釣り場でも訪れる。ロングキャストABSがもたらす抜けるような飛び。負荷が掛かっても軽く、涼しげに巻き上げ続けるタフデジギヤ。どんな魚が来てもアングラーに余裕をもたらす、精緻で操作し易い新形状ドラグノブとATD。軽やかな操作性と掌へのフィット感は、このリールだけが持つ独自の境地。オリジナルモデルはマグシールドラインローラーを採用。ドライブギヤー軸もマグシールドボールベアリングで完全武装。このクラスでは破格の防水性能を実現し、ウェーディング時の浸水に怯えることもない。フィネスカスタム(FC)モデルは、より繊細な釣りに特化し軽量ハンドルアームを搭載。また、あえてマグシールドラインローラー、マグシールドボールベアリングを採用せず軽量化を極めた。アングラーの心を捉えたい、高揚させたいという想い、DAIWAが社を挙げて磨き込んだNEW EXIST。スピニングリールの新たな歴史はここから刻まれる。

ベイトリール

通常のジギングにも言えますが、フォールのあたりが取りやすい事がベイトリールの最大のメリットになります。スピニングリールでは取りにくいフォールのあたりをベイトリールなら小さなあたりも取りやすくなります。魚種によってはベイトリールが圧倒的に有利になる場合もあります。またハンドルの回転を直接スプールに伝えることができるので、スピニングリールよりパワフルな巻き取りが可能です。

シマノ オシアコンクエスト200HG 201HG

『オシアコンクエスト』は、シマノのリールテクノロジーを結集して強靭さ、滑らかさ、操作性を可能な限り高めたオフショア用両軸リールのフラッグシップモデル。剛性の高い「HAGANEボディ」をはじめ、ドライブギア、高耐久クラッチなど内部パーツのひとつ一つを徹底的に強化、大型魚のパワーにもひるまない強靭さを誇ると同時に、どこまでも滑らかなマイクロモジュールギアの回転性能がアングラーの負担を軽減。ライトラインを駆使した現代のオフショアゲームにおいて、その真価を惜しみなく発揮する。2016年には待望の300PG、301PGも登場。ローギア・大容量かつコンパクトなモデルの追加で、オフショアゲームの領域はさらに拡大する。

シマノ オシアカルカッタ 200HG 201HG

レベルワインドとスプールを非連動式にしたスーパーフリースプール搭載。軽量ジグ・鯛ラバでも素早いフォールが可能。ナロースプールの採用、およびレベルワインド位置の再検討により、ラインガイドとラインの放出角度をなだらかにし、ラインへの負荷を軽くする。カーボンクロスワッシャ搭載により、引っ掛かりのないシルキーなドラグ性能を実現。シャワー洗浄OK/カーボンクロスワッシャー搭載/45mmロングダブルハンドル/スーパーストッパーII(アシストストッパー付き)。

ダイワ キャタリナ ベイジギング 200SH 200SHL

高剛性スーパーメタルハウジングに独自の精密マシンカットを施すことで実現した理想的なフォルム。フィールドでのテストを繰り返し、実釣時のグリッピング性、サミングのしやすさにとことんまでこだわった形状。丸型ながら優れたロープロファイル感とホールド性能が特長。200サイズは可変式(75mm/85mm)のクランクハンドルアームを採用。例えばパワーフィッシング時にはパワー伝達性に優れる85mm、繊細な釣りには操作性重視の75mmといった具合に、釣りモノによってハンドル長さを変えることが可能。

 

アブガルシア オーシャンフィールド

高さが約50mmとコンパクトなデザインで、竿と一緒に片手で握りこめるパーミングが可能。操作性がアップし、ロッドからバイトがアングラーに伝わりやすい仕様。ジグの重さに合わせて60mm、72mm、85mmの長さを使い分けできる4mm厚の3ポジションシングルハンドルアーム採用。より効率よく力を伝えられ、魚とのファイトを有利にすすめられる。

 

 

さいごに

流行りのスーパーライトジギング本当に楽しい釣りですので1度挑戦してみてください。

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA