いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




タックルインプレ

スロージギング|リールの選び方。おすすめロッド7選。釣り方徹底解説

明石ブリ

スロージギングって?激しいアクションをせずにゆっくりとルアーを動かすことで魚にジグを喰わせるジギングのことです。とても楽しい釣りのひとつになります。

今回はリールについての記事になります。

スロージギング~ジグの動かし方、食わせ方徹底解説はこちら

スロージギングのリール

スロージギングのリールには中型〜大型のオフショア用ベイトリールを使用します。ハンドル1回転あたりの糸巻き量の長さでジグの移動距離が変わってきます。魚がヒットした後もリールでファイトもありますので、ドラグがしっかりしたリールが安心して使えます。

スロージギングおすすめリール

シマノ オシアジガー

ジギングリールの先駆けとして、常に王道を歩んできたオシアジガー。進化の過程で追求したのはリールの本質、ただその一点である。堅牢なボディ、力強く滑らかな”巻き”、そして酷使に耐えるタフネス。いついかなる時でも信頼できる道具であることが、ジガーの求める唯一の答えだ。 そんなジギングリールの代名詞・オシアジガーが、回転フィールをいっそう高めて新登場。新機構インフィニティドライブの搭載により回転抵抗を最大約60%排除し、軽く、パワフルな巻き上げを実現。耐久性の面でも、高剛性なHAGANEボディと高い防水性能を誇るXプロテクトが内部構造をガッチリとガード。さらにはボディやハンドル、クラッチレバーにも冷間鍛造を採用するなど、妥協なきタフネスを装備してオフショアアングラーの技に応える。次元を超えたその回転フィールを体感するとき、ジギングはまた一歩先へと進む。

シマノ オシアジガー Fカスタム

あのオシアジガーがいよいよフォールレバーを搭載して「Fカスタム」として登場。斬新な形状のフォールレバーは親指1本で瞬時の操作が可能。フォールスピードのみならずジグの水中姿勢をも自在にコントロールし、フォールでの誘いを一層確かなものにします。また、握りやすく力を込めやすい軽量のハンドルノブは中深海の釣りをはじめ高い負荷にも楽々対応。アングラーの負担を軽減します。もちろん、インフィニティドライブとマイクロモジュールギアによる滑らかで力強い巻き上げ、高い剛性・耐久性、スムーズなドラグ性能などジガーが誇るテクノロジーはそのまま継続。1000 番~1500 番はマダイ、タチウオ、根魚、中深海のジギングに、2000番~3000番はカンパチ、マグロなど近海の大型魚を相手にするゲームで真価を発揮します。

シマノ オシアコンクエスト CT

オシアコンクエストに、フォールレバーとデジタルカウンターを装備したモデルが登場。剛健で滑らかな駆動系統に次世代のフォール性能が加わり、フォールアクションを自在にコントロール。落ちてくるベイトや、ボトムに向かって逃走するベイトを意識的かつ正確に再現することが可能となった。もちろん、すべての基本性能はオシアコンクエストをそのまま踏襲、先進の機構を余すことなく搭載した高度なスペックでアングラーの戦略をサポートする。その風格は洗練の証。フォールと巻き、双方向を見据えたパフォーマンスがオフショアゲームをさらなる高みへと誘う。

 

ダイワ ソルティガ

マグシールドボールベアリング搭載、大型魚に余裕で対応する堅牢ジギングベイトリール

耐久性の高さで人気を博した「ソルティガZ」の待望の後継機。精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはマグシールドボールベアリングを搭載し、メインギヤにはハイパーデジギヤを採用して耐久性がさらに向上。

フィールドでのテストを幾度となく行い、アングラーが持ちやすくサミングしやすい形状、パーツを徹底的に追求し、操作性と高剛性を両立。最も塩ガミによるダメージを受けることが多かったピ二オン部にはマグシールドボールベアリングを採用することで、高い耐久性を備えている。さらにボディには水抜き穴を各所に設けており、入ってきた水をどんどん放出できる構造になっている。

ドラグはスムーズに作動し、使用し続けてもドラグ値の低下が少ないATD(オートマチックドラグシステム)を装備。またスプールロック機能、スプール簡単交換が可能なボディなど、オフショアに本気なユーザーの要望に応える機能を随所に搭載しており、あらゆる状況で自由自在に使い倒せる。

巻取り長さ100cmのハイスピードモデルや左ハンドルモデル、PE4号-300m巻きの大型タイプもラインナップ。オフショアジギングでありとあらゆるターゲットを相手に使い倒せるタフマシン、これぞダイワの「ソルティガ」。

 

ダイワ キャタリナ

ソルト対応。オフショアジギング用ベイトキャスティングリール。

オフショアの大型魚と対峙できる強度を備えた、剛健で入門に最適なモデル。

パワフルな巻き上げ性能、高剛性のアルミダイカストボディ。

スプール交換も可能なため、フィールドでライン号数を変更したい時にもスムーズ。

歯面の形状をデジタル解析により根本的に見直し、ピニオンとの理想の噛み合わせを実現。

その絶妙な噛み合わせの「ハイパーデジギア」が、滑らかかつパワフルな巻き上げを可能にする。

エバーグリーン オケアノス ワイド

近代ジギングの大家でありスローピッチジャークの生みの親、佐藤統洋。彼がかねてより語り続けてきたのがフォールの有効性。そしてその有効性を最大限に引き出すため構想されたのがドラグフォール釣法=フォール中のジグに対しレバードラグ式リールを用いて若干のドラグ力をかけ、スピードやアクションを自在にコントロールするという画期的な釣法です。繊細なアカムツなどをターゲットとした中深海の釣りや、警戒心の強い大型青物を仕留めるスローピッチジギング、喰い渋るタチウオに口を使わせるフォールによる喰わせなど、様々な釣りにおいてドラグフォールが大きなアドバンテージを生むことは実証済み。また、フォール中のアシストフック絡みや着底時のバックラッシュを簡単に回避できるということも釣り自体の効率化に繋がる大きな利点と言えるでしょう。進化したリールによる進化した釣法が、あなたにさらなる釣果をもたらします。

 

エバーグリーンオケアノスワイドHD ライトハンドル

①進化したスムーズドラグでもっと逃さないより細やかなプリセット調整が可能な1周72分割のマイクロピッチ大口径ダイヤルと、無段階にドラグ調整可能なダイレクトフィールドラグレバーにより、さらにアングラーの思い通りのドラグワークが可能になりました。口切れや針の伸び、ラインブレイクを最小限に抑え、ターゲットをもっと逃しません。②進化したラインガードでさらにトラブルレス潮流や風の影響でラインがスプールの偏って巻かれてしまう現象を軽減する、オリジナルラインガードが進化。構造や形状を見直すことでラインの偏りを軽減する性能がさらに向上し、さらにトラブルレスになりました。また、自宅でスプールにラインを入れる際などに邪魔に感じる場合には、簡単に取り外すことができるようになりました。③ワイド化による豊富なラインキャパシティフレームとスプールをオケアノスからワイド化することにより、約20%ラインキャパシティが拡大(※糸巻量 PE1号-1200m、1.2号-1000m、1.5号-800m)。豊富なラインキャパシティにより「高切れでラインが足りなくなる」等の不測の事態をある程度予防でき、また、ジグを沈めた際にスプールに巻かれたラインの直径が減少する割合を抑えることで、ハンドル1回転あたりの巻取り量の歩留まりが高くなる効果も。④スローピッチジャークにも最適なハイギア仕様コンパクトながらハンドル1回転で最大1m巻き取るというハイギア仕様。ハイピッチジャークや高速リトリーブでのアドバンテージはもちろん、巻きとりの速さによってスローピッチジャークのキモとなる「初速=きっかけ」を容易に生み出すことができる最適ギアセッティング。⑤便利な新機構を各部に搭載[オリジナルフックホルダー] ポイント移動などの際にフックをかけてジグをぶら下げることが可能。[オリジナルラインストッパー] 釣行後、自宅で保管する際などに、リーダーの先端部を挟み止めておくことが可能。[ロングパワーハンドル標準装備] パワフルな巻取りや、ピッチを刻んだジャークを強力にサポート。

さいごに

スロージギングのターゲットは無数にいます。楽しく釣って美味しく食べてください。また体力に自信のない方、女性やお子さんのジギングの入門にも適しています。

是非、挑戦してみて下さい。

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA