いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




タックルインプレ

スロージギング入門|おすすめタックル【ロッド、リール】釣り方徹底解説

明石ブリ

スロージギングって?激しいアクションをせずにゆっくりとルアーを動かすことで魚にジグを喰わせるジギングのことです。とても楽しい釣りのひとつスロージギングについて、今回、ジグの動かし方、喰わせ方を解説します。

スロージギングって?

ボートや船に乗って実践するジギングスタイルの一つです。

スローピッチなジャークになるので、比較的、子供や女性の方でも楽しめる釣り方になります。

スロージギングは初心者の方にも大変おススめなジギングです。複雑なコンビネーションジャークをすることもありませんので、スロージギングで基本の練習をするのもいいと思います。また奥が深い釣りですので、そのままスロージギングを極めるのもいいと思います。イメージとしてはジグがフォールするタイミングで魚が喰ってくるので、いかに喰う間を与え、いかに喰わせるようにジグを動かすかがキーポイントになります。

スロージギングのターゲット

ヒラメ、マゴチ、ハタ類等の根魚、ヒラマサ、ブリ等の青物が釣れます。海域に寄って色々な魚種が釣れる事も魅力の一つとなっています。

鰤クーダー

スロージギングのジグの動かし方と誘い方

スロージギングのアクションは軽く優しくしゃくったり、フォールを意識することが基本の釣り方です。

スロージギングの基本的なアクションはスローピッチとロングフォールのコンビネーションになります。スローピッチで小さくしゃくり魚に見せて、ロングフォールで喰わせの間を作るイメージです。ハンドルの回転幅でピッチ幅を調整するなど、やりだしたら奥の深い釣りです。

スロージギングのロッド

他の釣りのロッドからの代用も可能ですが、専用竿と比べると大きな差があります。一般的に全長は6ft〜7ftぐらいで、ロッドパワーは扱うジグの重量に合わせて1オンス〜6オンスから選択します。

スロージギング用ロッドは反発力が強いのですが、ロッドの粘りは普通のジギングロッドに比べると弱くなるので、魚とのやり取りの時には竿を立て過ぎないように気をつけてください。

スロージギングのリール

スロージギングのリールには中型〜大型のオフショア用ベイトリールを使用します。ハンドル1回転あたりの糸巻き量の長さでジグの移動距離が変わってきます。魚がヒットした後もリールでファイトもありますので、ドラグがしっかりしたリールが安心して使えます。

さいごに

スロージギングのターゲットは無数にいます。楽しく釣って美味しく食べてください。

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA