いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




紹介記事

トンボジギングおすすめロッド8選|タックル解説。ビンチョウマグロを釣る

トンボ

トンボジギング、トンジギと略されたりすることもありますが、ジギングでビンチョウマグロを狙う釣りのことです。

ビンチョウマグロは胸ビレが長くトンボのように見えることから、地域によってはトンボと呼ばれています。

ちなみに大型のものをタネトンといいます。タネ(種)を持ってる(繁殖行動できる親)サイズからタネトンというらしいです。

釣り方

トンボは30m~100mの層を回遊していることが多い魚です。底を取り、根やかけあがりを狙い打ちして釣るのではなく、船を流して回遊してきたところを狙うスタイルの釣りになります。

目安として100m~30mをドテラ流しで探っていくことが多いです。感度が入ると船長から何メーターで反応ありアナウンスがあるので、その時は指示だなにジグを直撃させてその範囲をシャクってください。

イメージとしては100mまでたなをとる→30mまでジャークを入れながら巻き上げる→100mタナをとる→30mまでジャークといった流れです。着底の代わりにたなを取るイメージです。

もちろん潮、風の状況によってジグが流されるので、状況によってラインの出す量や、ジグの重さを変えて下さい。狙っているたなにジグが無いと釣る事ができません。

ラインが流れ過ぎて、たながぼやけた場合、ジグを回収し再投入することで、狙ったたなを探りやすくなります。

ベイトの場合はフォール意識して狙いのたなで何度もフォールを演出してください。スピニングの場合はワンピッチで、広くサーチしてください。

スピニング、ベイトどちらにもメリットとデメリットがあります。狙いのたなが明確かどうかで使うタックルが変わります。好みもあると思いますが、どちらも用意しておく方が準備万端です。

トンジギの全体的な事はこちら

トンジギおすすめベイトロッド

シマノ オシアジガー ∞(インフィニティ) モーティブ B610-4

指先の感覚のごとくジグを操り、魅惑的なロングフォールでバイトを誘うモーティブ。セミロング6’10”の専用ブランクスには進化した基本構造スパイラルXコアを採用し、ブレやパワーロスを軽減。スローからミドルピッチのジャークやコンビネーションジャークの操作性を高めつつ、長いフォール幅を制御するバランスを徹底的に追究。パワーは近海対応の0~2、バーサタイルの2+、青物から中深海までをカバーする3~6を設定。フルホールディングシートも相まって高精度のジグ操作を可能にします。

 

シマノ オシアジガー ∞(インフィニティ) B63-4

仕掛けやルアーのさまざまな動き方に対応するロッドにするため、曲がりの支点がスムーズに手元側へ移行するように設計。

さらにシマノの基本構造「スパイラルXコア」が、細身ブランクスのネジレやパワーロスを解消。

テンリュウ ホライゾン プログレッシブ HPG66B-MH

近海エリアを広くカバーし、ディープまでを視野に入れたスロー系ミディアムヘビーモデル。180g前後のジグとの相性を高め、ベースとなったHSL66B-MHよりも軽量感と、高負荷をかけられるネバリ強さを持ち合わせました。中深海といったディープエリアにおいても、ヘビージグとの相性が高いのも特徴。

ライワ ソルティガ BJ・V 62XXHB TG

スリルゲームコンセプト。全身メガトップのフルソリッドブランク仕様。強靭な粘りで曲げて獲ることを可能にしたアクション。全身メガトップのフルソリッド・ベイトモデル。美しい曲がりと驚異的な粘りを併せ持つ全身メガトップ・フルソリッドブランクのTG(THRILL GAME)シリーズ。ベイジギングとは言っても予期せぬ大型魚がヒットすることがある中、フルソリッドブランクはロッド全体でそのパワーを受け止め安心して魚とのやりとりが可能。また柔軟性も持ち合わせているためバラシが少ないのも大きなメリットである。

 

トンジギおすすめスピニングロッド

シマノ オシアジガー  ナチュラルジャーク  S644

ジギングの本質はメタルジグを意のままに操り、その場の状況にアジャストした動きを演出すること。オシアジガーはその本質を深く追及、コンセプトに応じたロッドワークの実現を目指し、低反発系でゆったりとしたワンピッチを得意とする「ナチュラルジャーク」。ジグを的確にコントロールし、狙い通りのジグアクションでターゲットの捕食本能を刺激する。

警戒心の高い大型サイズを喰わせて獲るための「S644」。粘り強さが特長で身体への負担が少なく、長時間、安定して操作できることでHIT率が向上。

ダイワ ソルティガ  J66MHS

ダイワのオフショアルアーゲームの最高峰ブランド「ソルティガ」。その最大の特長は「驚くほど細くて強い」こと。カーボン加工技術において他の追随を許さないダイワならではの新テクノロジー「HVFナノプラス」で、従来のソルティガのイメージはおろかオフショアロッドの既成概念をも覆す、細身軽量でありながら圧倒的なバットパワーを備えたロッドとなっている。さらにネジレ防止の最適構造「X45」、キャスティングモデルには強い復元力をもたらす「3DX」など最先端のダイワテクノロジーを随所に採用。オフショアの夢を追い続ける熱いアングラーの頼れる相棒、ソルティガ。その存在はこれまでも、これからも揺るぎない。

 

さいごに

博打的な釣りの要素もたくさんありますが、非常に面白い釣りになりますので、是非、挑戦してみてください。

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA