いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




紹介記事

トンボジギング徹底解説タックル等|ジギングでビンチョウマグロを狙う

トンボ

トンボジギング、トンジギと略されたりすることもありますが、ジギングでビンチョウマグロを狙う釣りのことです。

ビンチョウマグロは胸ビレが長くトンボのように見えることから、地域によってはトンボと呼ばれています。

ちなみに大型のものをタネトンといいます。タネ(種)を持ってる(繁殖行動できる親)サイズからタネトンというらしいです。

シーズン

新しい釣りのため、はっきりとしたことは、まだまだ解明されていませんが、イメージとしては10月~5月までで低水温の時がメインの釣りになります。

ポイント

水深が300~1000メートルを超えるポイントでも釣りをしますが、基本的に底を取ることはありません。

ターゲット

ターゲットはマグロ類のキハダマグロ、トンボ(ビンチョウマグロ)、カツオ等になります。大型のキハダがヒットすることもあります。それも魅力のひとつです。

釣り方

トンボは30m~100mの層を回遊していることが多い魚です。底を取り、根やかけあがりを狙い打ちして釣るのではなく、船を流して回遊してきたところを狙うスタイルの釣りになります。

目安として100m~30mをドテラ流しで探っていくことが多いです。感度が入ると船長から何メーターで反応ありアナウンスがあるので、その時は指示だなにジグを直撃させてその範囲をシャクってください。

イメージとしては100mまでたなをとる→30mまでジャークを入れながら巻き上げる→100mタナをとる→30mまでジャークといった流れです。着底の代わりにたなを取るイメージです。

もちろん潮、風の状況によってジグが流されるので、状況によってラインの出す量や、ジグの重さを変えて下さい。狙っているたなにジグが無いと釣る事ができません。

ラインが流れ過ぎて、たながぼやけた場合、ジグを回収し再投入することで、狙ったたなを探りやすくなります。

スピニングの場合はワンピッチで、広くサーチしてください。ベイトの場合はフォール意識して狙いのたなで何度もフォールを演出してください。

スピニング、ベイトどちらにもメリットとデメリットがあります。狙いのたなが明確かどうかで使うタックルが変わります。好みもあると思いますが、どちらも用意しておく方が準備万端です。

タツクル

スピニングタックル

ロッド: PE3、4号がシャクれるロッド
リール: 8000番
ライン: PE3~4号(たなを探るので必ずマーカーのある物を使って下さい)
リーダー: フロロ14号~20号
ジグ :150g~350g
フック:フロントのみにシングルフック

ベイトタックル

ロッド: スロージギングロッド300gくらいまでシャクれるロッド
リール: 2000番~3000番(1500番でもできますが、上げるのに時間がかかり、ほかのお客さんに迷惑がかかります)
ライン : PE3~4号(たなを探るので必ずマーカーのある物を使って下さい)
リーダー: フロロ14号~20号
アシスト:フロント、リア共にセットしてください

船宿さん

三重沖のトンボジギングは、志摩、鳥羽、尾鷲、熊野の船宿さんが出船してくれます。

さいごに

博打的な釣りの要素もたくさんありますが、非常に面白い釣りになりますので、是非、挑戦してみてください。

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA