いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




紹介記事

21ツインパワーSWがフルモデルチェンジ|シマノ2021新製品まとめ

21ツインパワー

強さがなければ始まらない!
ツインパワーSWが貫く妥協なきタフネス。

シマノのスピニングリール・ツインパワーSWが、2021年フルモデルチェンジされます。

ソルトウォーターゲームのさまざまなシーン、特に大型魚と対峙する際に求められるのは、耐えられる強さと巻き上げる強さになります。

そして、スムーズで軽やかに巻ける軽快さも兼ね備えなければ、長時間のファイトを実践することは難しくなります。

ツインパワーSW[TWIN POWER SW]

ソルトゲーム用のリールに求められる「強さのカタチ」は実に多様だ。ハードな使用にも耐える剛性感とタフネス、海水の侵入を防ぐ強固な防水性能、そして何よりも求められるのは巻き上げのパワー。新しいツインパワーSWはインフィニティドライブ、ヒートシンクドラグなどステラSWの強さを受け継ぐ機構を惜しげもなく搭載。オーバースペックとさえ言える卓越した巻き上げ力と耐久性がもたらす圧倒的な信頼感は、ショア、オフショアを問わず一歩先を目指すアングラーを強力にサポートする。

※8000PG、8000HG、10000PG、10000HG、14000XG:2021年3月、4000XG、5000HG、5000XG、6000PG、6000HG、6000XG:2021年4月、14000PG:5月発売予定

ツインパワーsw

技術特性の中でも特に注目がこちらになります。

インフィニティドライブ

インフィニティドライブ

従来のX-SHIP構造は、ピニオンギア両端をベアリングで支持することで軽い巻き上げを実現しました。今回のNEWモデルには、その構造をより進化させたインフィニティドライブ構造を搭載。これまでピニオンギアで支持していたメインシャフトを非接触化し、特殊低摩擦ブッシュで支持することでメインシャフトの摺動抵抗を大幅に軽減。加えて、メインシャフト自体に特殊表面処理を施し、さらなる低摩擦化に成功。回転トルクを従来比約30%低減し、高負荷時でも積極的に巻き上げられるパワフルなリールへと進化しました。
※当社比較テストによる。

ヒートシンクドラグ

ヒートシンクドラグ

従来のXタフドラグは、ドラグ機構部をスプール下部に配置するという画期的な構造で、圧倒的なドラグ性能と耐久性の向上を実現しました。今回のNEWモデルには、さらに熱にも強く進化したヒートシンクドラグを搭載。ドラグ部で発生した熱をスプール外へ逃がすヒートシンクパネルにより、熱ダレによるドラグ力低下を約50%改善。また、スプール糸巻き部へと流れる熱を遮断する断熱シートによって、糸巻き部の温度上昇を約30%減少させることに成功しました。ラインによりやさしく、より安定したドラグへと進化しました。(10000PG、10000HG、14000PG、14000XG)
※当社比較テストによる

Xプロテクト for ラインローラー

前モデルのストッパーベアリング部に搭載し、高い防水性能の実現に大きく貢献したXプロテクト構造。今回のNEWツインパワーSWには、ストッパーベアリング部に加え、ラインローラー部にもそのXプロテクト構造を搭載し、さらに防水性能が向上しました。ストッパーベアリング部と同様に、海水の侵入経路をシール部材で物理的に遮断することで、高い水圧にも耐えられる構造へと進化。ラインローラー内部のベアリングを過酷な環境下から守り抜き、従来品に比べ、ベアリングの耐久性は従来比10倍以上に。
※当社比較テストによる。

Xシールド

ボディ・フタ合わせ面、スプール・ドラグノブ接触部をはじめ、随所に強力なシーリングを施し、水の浸入経路を遮断。過酷な条件下で繰り広げられるSWゲームにおいて、高い信頼性、耐久性を確保します。

Xプロテクト for ストッパーベアリング

Xプロテクト for ストッパーベアリング

ストッパーベアリング部に接触型トリプルリップ構造を採用。特殊グリスを充填することで摩擦抵抗を抑え、シルキーな回転性能を損なうことなく高い防水性能を発揮。Xシールドとの相乗効果でボディ部の防水性能は防水規格IPX8相当を実現。

サイレントドライブ

ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐に渡る。新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現しました。

Xシップ

ドライブギアの大径化、ピニオンとドライブ両ギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。これら頑強なギアの噛み合わせが、負荷に強い軽快なリーリングを保持します。

CI4+ハンドルノブ

4000番から8000番までの機種には、剛性と耐久性に優れた軽量カーボン素材CI4+のハンドルノブを採用。いっそうの軽量化を実現すると同時に特殊コーティングで滑りにくい加工を施し、巻き上げの滑らかさがさらにアップ。抜群の使用感を得られる。(10000~14000番ではライトウェイト中空オーバルラウンドのハンドルノブを標準装備。)

スペック表

ツインパスペック

※XG=エキストラハイギア仕様、HG=ハイギア仕様、PG=パワーギア仕様。
※8000~14000のベールはハンドルリターンしません。
※IPX8相当(ボディ部)
※ストッパーの切替機構はありません。
※8000番はPEライン専用です。
△最大巻上長は、スプール前ツバ最外径による計算値となっています。

ツインパワーSW

21 ツインパワー SW 6000PG

強さがなければ始まらない!ツインパワーSWが貫く妥協なきタフネス。ソルトゲーム用のリールに求められる「強さのカタチ」は実に多様だ。ハードな使用にも耐える剛性感とタフネス、海水の侵入を防ぐ強固な防水性能、そして何よりも求められるのは巻き上げのパワー。新しいツインパワーSWはインフィニティドライブ、ヒートシンクドラグなどステラSWの強さを受け継ぐ機構を惜しげもなく搭載。オーバースペックとさえ言える卓越した巻き上げ力と耐久性がもたらす圧倒的な信頼感は、ショア、オフショアを問わず一歩先を目指すアングラーを強力にサポートする。6000PGは、スローな誘いが身上のパワーギア搭載機。ハンドル一回転の最大巻上長83cmのパワーギアモデル。ギア比4.6のローギアはルアーの移動距離を抑え、スローな誘いをブレなく安定して行うことが可能。またヒット後は、強力な巻き上げパワーでゴリ巻きファイトにも対応する。ジギング、キャスティングを問わず比較的スローなゲーム展開に適したモデル。

 21 ツインパワー SW 8000PG

。8000PGは、パワーに特化したローギア・ジギングモデル。4号・300mというラインキャパシティとギア比4.9のパワーギアを融合したジギングモデル。一定のレンジ内でジグをよりテクニカルに、繊細にアクションさせることが可能になり、プレッシャーの高いポイントからスレたターゲットを誘い出す。もちろん巻き上げはパワフル。根回りの攻防にも主導権を渡さない。

 

21 ツインパワー SW 8000HG

8000HGは、対応力に優れた8000番クラスのスタンダード。ブリ、ヒラマサ等の青物からキハダまで、PE4号前後のラインを多用するゲームに適したモデル。応用性の高いハイギア仕様はジギング、キャスティングどちらにも対応しやすく、ショアゲームでもオフショアゲームでも使い勝手の良さを発揮。もちろん耐久性と防水性能は最高レベル。ハードなチャレンジにもガッチリ応える。

 

 

さいごに

非常に楽しみな21ツインパワーSW。発売間近ですね。

2021新発売のシマノのリール一覧はこちら

 

 

ABOUT ME
まこと
『まこと』といます。明石、日本海中心にジギング、タイラバ、イカにタコ釣りをしています。現在、J-LikeProductのフィールドスタッフです。以前は釣り具店勤務でしたが、現在は違う職種で営業職をしています。釣りに行かないお休みの日は自転車に乗る日が多く、釣りにも行かず自転車にも乗れない日はパンを焼いてます。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA