いつまでシャクり漕ぐんだろう…
釣りと自転車たまに手作りパンと料理のブログ




その他

メバリング|冬のメバル釣り。ルアーで陸からの釣り方、おすすめタックル

メバル

メバルは1年を通してルアーで狙える魚です。ただベストシーズンはと言えば冬から春にかけてになります。メバルは冬になると産卵時期に入るので接岸し、その後はエサを食べて体力を回復します。もともと高水温を嫌う傾向にあるので春を過ぎると適温となる沖へと移動します。

ですので、寒い時期に釣る魚のイメージが強いです。魚の動きが鈍る冬でも釣れるということで釣り好きには非常に有難いお魚になります。また、水温が上昇する季節でも、時間帯を考え、釣り方を工夫することで狙えるところも面白いところです。

メバルは夜行性

メバルは夜行性です。夜になると積極的に捕食をします。夜になるとワームだけでなくプラグにも反応するようになります。ですので、ナイトゲームが中心となりますが、まだ明るさが残っていて釣りやすい夕マズメに狙うことも可能です。また、朝マズメでも釣ることができる魚です。

日中も釣れないわけではありません。船から狙う時は朝便もあるくらいです。ただ、昼間のメバルは海底でじっとしていることが多く、陸からだと厳しい釣りにはなります。

メバリングは簡単なタックルで手軽に始められます。冬から春にかけてのベストシーズンはもちろん、ベストシーズン以外でも、大型を狙うこともできるので是非、挑戦してください。

季節ごとのメバルの動き

産卵期を終えたメバルが活気づき始めるのがこの季節になります。水温が上がると小魚を追い始めます。地域差はありますが、4月くらいから浅いレンジで釣れるようになり、5月にはかなり活性化します。メバリングを始めるには、この季節もよい季節になります。

水温が上昇し始めると春ほど釣れなくなります。7月、8月は陸からでは簡単に釣ることができなくなりますが、岩や海藻の影、潮通しの良いポイント、ナイトゲームなどで狙うことは可能です。小型のメバルが多い季節ですのでタックルもそれに合わせたものを選んでください。

陸からでは水温が下がらない秋も小型のメバルが中心の釣りとなります。季節が進むと徐々に適温に近づきます。ルアーの種類やカラーローテーションで状況を探ることで釣れるようになってきます。

12月は産卵のシーズンになります。水温も適温になるので、岩場や消波ブロック、浅瀬の藻場などを中心にメバルが集まり始めます。1月、2月は産卵を終えて体力を消耗したメバルが増えます。この時期は少しでも水温の高いポイントを狙ってください。色々なポイントを探りながらルアーを通すことで釣果に繋がります。

メバリングのタックル

ロッド

各位メーカーより専門ロッドも出ていますが、軽量なルアーを扱えるロッドでしたら代用できます。長さは7~8フィートあたりの物が使いやすいです。ロッドにはチューブラとソリッドティップと呼ばれる2種類があります。

チューブラ~ロッドが中空(チューブ状)のものになります。ロッド自体に張りがあり高感度のものが多く魚からのアタリが分かりやすいというメリットがあります。あたりを取り、積極的にかけていく釣りに向いているロッドになります。

ソリッドティップ~ソリッドという名前の通りティップが詰まっているロッドです。チューブラに比べて、より柔らかく食い込みが良いので魚がかかりやすいというメリットがあります。

 

リール

メバリングは軽いロッドと細いラインを使いますので、小型スピニングリールをおすすめします。2000番台のリールがちょうどいいサイズになります。

 

ライン

ラインはPE0.4~0.6号、リーダーは4~6lbの物をおすすめします。

ルアー

ルアーはプラグ等でも釣ることができますし、ジグヘッドにワームでも釣ることができます。メバリングのプラグはミノーやトップウォーター等色々な種類があります。

 

ジグヘッドにワームを付けて狙うこともできます。形状や重さなど様々なタイプがあります。釣り場の水深や潮流に合わせて重さや形を選択してください。

 

さいごに

メバリングはゲーム性が高く、まさしく釣って楽しく食べて美味しい魚ですので、1度トライしてみてください。

 

 

 

ABOUT ME
まこと
まこと
今まで色々なブログを書いてきましたが、この先も釣りと自転車はずっと続けると思い、このブログを立ち上げました。釣りも行けず、自転車にも乗れない日はパンを作ったり、釣った魚も美味しく頂くので、レシピや写真を発信しています。また、お取り寄せグルメや通販もよく利用するので、そちらのおすすめ商品も紹介しています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA